イベント: 祭り

内黒田はだか参り/熊野神社

南北朝時代1376年創建の内黒田熊野神社では、神道と密教における修験(しゅげん)道(どう)の流れを組むともいわれる江戸時代からの伝統行事「内黒田はだか参り」で、五穀豊穣と無病息災を祈願します。

内黒田地区の男性たち裸坊(はだかぼう)が焚き火の側で水をかけ合い身を清め、鳥居と拝殿の間を七往復します。そして水に浸した長さ約30㎝の稲わらの束を拝殿へ3本投げこみ、散らばった形の様子でその豊凶を占い祈願します。また、鳥居脇に焚かれる「かまやき(焚き火)」にあたると、その年は無病息災になると伝えられています。  その後、「中入り」という休憩をとり、地区の女性たちが太巻き、おはぎなどの地元料理を裸坊に振る舞います。続いてさらに五往復し、最後に本堂を三周して終了します。四街道市無形民俗文化財に指定されています。

期日

3月15日(水)

会場

熊野神社/四街道市内黒田629(四街道市営霊園近く)

交通

JR四街道駅またはJR物井駅から千葉内陸バスバードヒル池花行き「内黒田」下車徒歩10分 ※駐車場はありません

剣祭(八剣神社の祭礼)/八剣神社

八剣神社では、毎年3月の第1土曜日に「剣祭」という珍しい祭が行われています。一年間の疫病退散・無病息災を祈願するというもので、神社での神事ののち、太鼓の前触れに続いて天狗の面をかぶり、神榊(さかき)を持った人を先頭に、身を清めた白装束の8人の若者が長さ2mほどの剣を持って「悪事、災難逃れますように」と言いながら鷺沼地区を練り歩き、土足のまま家に入りこみ、家の中に悪霊や病魔が入ってこないよう厄除けをします。

期 日

3月4日(土)13:00から根(ね)神社で式典後、八剣神社にて神事を行います。

会 場

八剣神社/習志野市鷺沼3-14

交 通

JR総武線津田沼駅から「袖ケ浦団地」行きバス終点下車徒歩10分

智の輪くぐり神事/千葉神社

「智の輪くぐり」とは、学業向上・技芸上達を願って行われる、千葉神社境内にある学問の神様「千葉天神」の神事です。

 昨今は、入園・入学を控えた児童・学生のみならず、職務無事遂行や立身出世を願う成人世代や、「ボケ封じ」を願う老年層まで幅広い世代の人たちが智の輪をくぐり、「智恵(ちえ)の輪(わ)守(まもり)」を受けています。また、この期間に限って、入園・入学に際してお子様の交通安全・智恵授けを願う「ランドセル清祓(きよめはらえ)」を執り行っています。

日 時

3月25日(土)~4月16日(日)8:00~17:00

会 場

千葉神社/千葉市中央区院内1-16-1

交 通

JR総武線千葉駅または京成千葉駅下車徒歩10分

URL

http://www.chibajinja.com/

菅原大神 春の例祭/菅原大神

菅原大神には大小90個の子宝石(子産石)があり、その石を抱くと子宝に恵まれるという言い伝えがあります。毎年、春の例祭(2月25日)と秋の例祭(11月25日)に全国から大勢の方々がお参りに訪れます。

日時

2月25日(土)11:00~(受付8:00~) 

会場

菅原大神/銚子市桜井町60

料金

3,000円~(玉串料)

交通

JR成田線下総豊里駅下車徒歩約10分

和良比はだか祭り

毎年2月25日、皇産霊(みむすび)神社で行われる別名「どろんこ祭り」は、11:00から神事を行い、13:00からは、一般見学することができます。「裸衆お祓い」「子ども参り」「泥投げ」「騎馬戦」と続き、名称の通り泥だらけのお祭りです。中入り後、14:00から再び「泥投げ」「騎馬戦」が始まります。参加しているふんどし姿の男衆が泥まみれになるだけでなく、観衆にも泥が飛んできますので要注意です。

 また、この日に備えて着飾った満1歳未満の赤ちゃんをだっこして、額に神田の泥を塗ってもらうと厄除けになるといわれています。

日時

2月25日(土)13:00~15:00

会場

皇産霊神社(祭礼)/四街道市和良比692   

和良比ケ丘公園(泥投げ、騎馬戦)/四街道市和良比192-23(皇産霊神社すぐ横)

交通

JR四街道駅下車南口徒歩15分

大仏追善供養

船橋の海は、江戸時代初期から中期にかけて幕府に魚介を献上する「御菜(おさいの)浦(うら)」とされた好漁場でした。元禄16年(1703)、大地震による海底地形の変化のため、幕府へ献上することは中止されましたが、その後、この漁場をめぐり近隣の漁師たちとの争いが多くありました。「大仏追善供養」は、文政7年(1824)にこの漁場争いにより入牢させられ、後に死亡した2名の漁師総代と延享3年(1746)の津波により死亡した人々を供養するために、文政8年(1825)から毎年同じ日に行われています。供養が行われるのは本町3丁目の不動院にある石造(せきぞう)釈迦(しゃか)如来(にょらい)坐像(ざぞう)で、先の津波によって溺死した漁師ならびに住民の供養のために建立されたものです。

供養の日には、大仏(石造釈迦如来坐像)の顔や肩などに白米の飯を盛り上げるようにつけます。これは、牢内で食が乏しかったのを償うためと伝えられています。

日時

2月28日(火)10:00~

会場

不動院/船橋市本町3-4-6

交通

JR総武線船橋駅または京成電鉄京成船橋駅下車徒歩約10分