【千葉みなと ジャズバー】
JAZZ&BAR clipper(クリッパー)

ブログ

貸切のお知らせ

6月1日(土)は貸切となります。

何卒ご了承くださいませ。

♪ お薦めライブ情報 ♪

6月29日(土)、ハイブリッド・クラシックを標榜するスーパーユニット、
Hycladのお二人が遂にclipper号に登場いたします!
クラシック出身で民族音楽を得意とするヴァイオリニストYuiと、
ワールドミュージックを中心に多方面で活躍するギタリスト伊藤芳輝が、
それぞれのフィールドで培った音楽的スパイスをふんだんに盛り込み、
大胆な切り口でクラシック曲を表現。
オーケストラの曲からピアノ曲まで、弦楽器の魅力を最大限に生かした
ダイナミックでスピード感溢れるライブが多くのファンを虜にしています。
複数のミュージック・エレメントが融合したハイブリッド・サウンドを
この機会にぜひご堪能ください!!

6月29日(土) 18時30分~ チャージ3000円

  Hyclad              

Yui(vl) 伊藤芳輝(g) 

          Hyclad のオフィシャルHPはこちら

http://www.hyclad.jp/index.html      

 

まんぼうの部屋 ♪太宰理恵さんを迎えて♪

こんにちは、船長です。

僕は千葉日報を愛読しています。
もともとは大手新聞より安く読めるという経済的理由から
購読を始めたのですがもしもっと生活が楽になったとしても
千葉日報を読み続けそうな気がします。
やはり地域に根ざした記事が多いというのは楽しい。
時々よく知っている方の名前なんかも出てきたりするので
地元がより身近に感じられていいですね。
そんな千葉日報に一昨日だったかな、
大変感動した特集記事がありました。

「買い物難民」っていう言葉をご存知ですか。
スーパーなど生鮮品を扱う店が自宅から500メートル以上
離れている上に車を持たない人のことで全国に900万人を超えるそうです。
その4割以上を占めるのがやはり高齢者なんですね。
高齢となれば車の運転だって難しい。
経済産業省もいまや直近の課題のひとつに挙げています。
そんな中、三重県に住む一人の若いお嬢さんが
中古のトラックを使い地元のお年寄りのために
日夜「移動販売」で活躍しているそうなんです。
東真央さん、22歳。
大学に行き就職活動の時期になってもぴんとくる仕事が見つからない。
ある日テレビで過疎地域で買い物に不自由する
お年寄りが移動販売を頼りにしているというニュースを見て
「私の仕事はこれだ」と直感で始めたそうです。
偉いと思いますね。
大学まで行って就職活動もせず、という意地悪な見方もあるでしょう。
しかしいい大学に入っていい企業に入ってという雛形は
果たしてこれから先どれほどの意味を持つのでしょうか。
こう見えて僕も一応大学に行った人間なので敢えて言いますが
所謂勉強が出来るということが社会で生きていくために必要かというと
決してそうではありませんよね。
おそらく東さんは就職活動という学生には「当たり前」」と思われている
行事を迎えた時に、「本当に大切なこと」について彼女にとっての
真の「勉強」をしたのではないでしょうか。
彼女の選択にお父さんは反対しなかったそうです。
(このお父さんもまた偉いよね。)
今では仕事の枠を超えてお年寄りの洗濯物を干してあげたり
家に上がってストーブの灯油を入れてあげたりなんてことも。
東さんは言います。
「私と会うのを楽しみにしてくれている人がいるのが分かった。
それがすごく嬉しい」
日々の仕事は我々が想像する以上に大変だと思います。
それでもそう言い切れる彼女は誤解を恐れずに言うなら
とても幸せな人生を歩んでいるんだろうな。
東さん、頑張ってね。
あなたみたいな若者がいるとおじさんも負けてられないぞって
元気になるよ。

さてさて今夜のclipperに移りましょう。
今夜は、まんぼうの部屋
太宰理恵さんを迎えてお届けします

太宰理恵さんはピアノ講師として生徒さんに音楽の楽しさを伝える傍ら
数々のライブで活躍中のピアニストです。
クラシックで鍛え上げた基礎を生かし最近はジャズのフィールドにも進出。
温かくて優しいお人柄が表れる演奏はまさに癒しのサウンドです。
今宵はベースとサックスというシンプルな編成で登場。
静かに更けゆく夜を味わいながら、まるでクルージングで
大海原を行く船のバーにいる気分にさせてくれることでしょう

5月30日(木) 20時~

JAZZ IS ALIVE!!

まんぼうの部屋 ♪太宰理恵さんを迎えて♪

太宰理恵(p) まんぼう(key) 前川直人(as) 玉木秀和(b)

どうぞお楽しみに

西川ミキGROUP♪

こんにちは、船長です。

日付も変わったのでこんにちはでいいでしょう。
そうです、今日も夜中です。
先だってお届けしました妖怪出現の記録が
あまりにも不評だったのでその続編を。
そうです。私ゃ九州男児ですので意地があるんです。
その意地をもっと違う形で見せればいいのにという
有難いご忠告をも振り払い今日も今日とでくだらない内容。
だって一昨日のステージで現代の妖怪「またろう」を
見てしまえばそりゃこちらも本気になるってもんです。
ということで殆どの方が期待していない妖怪出現の記録、
最終章です。

1863年 奈良県の村に源五郎と名乗る化けぎつねが出た。
不思議なことに百姓の手伝いをして二人前の働きをし
飛脚を頼むと二十日間かかるところを七日間で往復したという。
(へ~! すごいな源五郎。うちでも働いてくれないかな)

1784年 鎌倉の建長寺の古だぬきが僧侶に化けたまま全国を行脚する。
(もう僧侶として認めていいんじゃないの)

1814年 江戸の神明町に八十年前に天狗にさらわれて帰ってきたという
万屋満右衛門が大きな話題となった。
(そんなの満右衛門がホラ吹きなだけだろ)

1841年 世直し河童が江戸に現れ徳川家の政治のやり方を非難した。
(あっはっは。いいねえ世直し河童。アベノミクスが大丈夫かも
聞いてみたいね)

1928年 長崎県の佐世保市に近い山口村に全身がどのようにも曲がる
クラゲ人間を発見。
(こりゃ体が柔らかいだけでしょ。クラゲ人間とは失礼な) 

1929年 東京の小石川で耳が六つもある三毛猫が笑って人間を
馬鹿にした。
(これはひどい。馬鹿にするにも程がある)

と、まあ妖怪なんてものはこんな調子なのであります。
ですから首相公邸に幽霊が出ようが妖怪だと思えば可愛いもんでしょ。
むしろ国会に嫌と言うほど妖怪がいますからね。
どうぞ人間を馬鹿にしないようよろしくお願いしたいものです。

馬鹿馬鹿しい話はもうこの辺で終わりにして
今夜のライブに移りましょう。
今夜のclipperは、
西川ミキGROUPの登場です

clipper号では珍しい「黒っぽい」声の持ち主、西川ミキさん。
打ち込みではない生の演奏が似合うリアルな
ソウルジャズシンガーといっていいでしょう。
威風堂々としたそのステージでの振る舞いは
本場アメリカのジャズクラブにいる気分にさせてくれます。
今宵も気心知れたバンドメンバーと共に
オフブロードウェイの雰囲気をたっぷりと味わわせてくれそうです

5月29日(水) 19時~ チャージ2000円

JAZZ IS ALIVE!!

西川ミキGROUP                 

西川ミキ(vo) 速水真理(p) 上羽康志(b) 矢藤健一郎(ds)

どうぞお楽しみに

しげじ’s SESSION♪

こんにちは、船長です。

またまた夜中です。
夜中と言えば、妖怪。
先日、妖怪出現の記録について触れましたが
ごくごく一部の方からの早く教えろという熱烈なリクエストにお応えして
早速お届けしましょう。
しかし改めて見ると凄いなぁ。
神代から1972年まで妖怪出現の記録を載せてるんだから。
なんて馬鹿馬鹿しい(笑)。
それでは今日はその一部を抜粋して紹介します。
※(  )内は私の心の声でございます。

619年 聖徳太子に人魚が献上された。
(なに!?そんなの大事件じゃないか。冠位十二階とか
十七条憲法なんかよりそっちを教科書に載せなさいよ)

627年 九州の海岸に中国から渡ってきた河童が大群上陸。
九千匹に増える。
(そりゃ大変だ。当時の九州の人口より多そうだな)

707年 全国に疫病神が暴れて多くの人が死に三つの面を持つ
鬼が登場。
(疫病神は現代でもいますけどね。で、その鬼はどうなったの?)

784年 大阪の天王寺に二~三万匹ものガマがいっせいに集まって
二つに分かれガマの大合戦が行なわれた。
(2~3万匹って。歌合戦でもしたのかしら)

1334年 京都の上空に怪鳥が飛ぶ。頭が人間の首、胴体には
蛇のようなウロコがあって羽の長さは四メートル八〇もあった。
(これは恐ろしい。どうやって測ったんだろ)

1408年 このときの将軍足利義持の館の庭にガマが数万匹も集まって
大合戦。
(またかよ)

1465年 京都の愛宕山の太郎坊という大天狗のところに何百という
天狗が一族のからす天狗を連れてきて大集会。
(暴走族だね、どうにも)

1591年 肥後の国(熊本県)の加藤清正の家来が河童に殺された。
そこで清正は河童退治を命令したが河童のほうで謝ったので
ことがおさまる。
(あっはっはっ。なんとものどかだねぇ)

と、このように妖怪は日本の歴史にその存在を燦然と輝かしく
残しているのであります。
まだまだこの後も驚天動地の記録が続くのですが・・・
やばい、異常に長い雑談になってしまいました。
そろそろライブの告知をしないと怒られそうなので
続きはまた今度ということで。
今夜のバンドのフロントにも妖怪みたいな人がいることですし。
(N井さん、ごめんなさい!)

今夜のclipperは、大人気、
しげじ’s SESSIONの登場です

確かな実力をもとにエンターテイメントの鎧をまとった
ハイパー音楽集団。
ファンク、ソウル、ジャズ、POPS、
あらゆる音楽性を咀嚼したノリノリのステージは
ジャンルという区分けを拒んでいるかのようです。
いまやそのライブを待ち望む人で溢れかえるほどの人気を獲得。
今宵も明るく楽しいステージで一週間の始まりを
大いに盛り上げてきたいただきましょう
(最後の曲が異常に長いことで終電に乗り遅れても
責任を負いかねますのでご了承ください。)

5月27日(月) 20時~

JAZZ IS ALIVE!!

しげじ’s SESSION      

前川直人(as) 生井清太郎(tp) 金子健太郎(g)
神林亮太(eb) 石井しげじ(ds)

どうぞお楽しみに

お休みのお知らせ

5月28日(火)は

お休みさせていただきます。

何卒ご了承くださいませ。

♪ お薦めライブ情報 ♪

6月29日(土)、ハイブリッド・クラシックを標榜するスーパーユニット、
Hycladのお二人が遂にclipper号に登場いたします!
クラシック出身で民族音楽を得意とするヴァイオリニストYuiと、
ワールドミュージックを中心に多方面で活躍するギタリスト伊藤芳輝が、
それぞれのフィールドで培った音楽的スパイスをふんだんに盛り込み、
大胆な切り口でクラシック曲を表現。
オーケストラの曲からピアノ曲まで、弦楽器の魅力を最大限に生かした
ダイナミックでスピード感溢れるライブが多くのファンを虜にしています。
複数のミュージック・エレメントが融合したハイブリッド・サウンドを
この機会にぜひご堪能ください!!

6月29日(土) 18時30分~ チャージ3000円

  Hyclad              

Yui(vl) 伊藤芳輝(g) 

          Hyclad のオフィシャルHPはこちら

http://www.hyclad.jp/index.html      

 

お休みのお知らせ

5月26日(日)は

お休みさせていただきます。

何卒ご了承くださいませ。

♪ お薦めライブ情報 ♪

6月29日(土)、ハイブリッド・クラシックを標榜するスーパーユニット、
Hycladのお二人が遂にclipper号に登場いたします!
クラシック出身で民族音楽を得意とするヴァイオリニストYuiと、
ワールドミュージックを中心に多方面で活躍するギタリスト伊藤芳輝が、
それぞれのフィールドで培った音楽的スパイスをふんだんに盛り込み、
大胆な切り口でクラシック曲を表現。
オーケストラの曲からピアノ曲まで、弦楽器の魅力を最大限に生かした
ダイナミックでスピード感溢れるライブが多くのファンを虜にしています。
複数のミュージック・エレメントが融合したハイブリッド・サウンドを
この機会にぜひご堪能ください!!

6月29日(土) 18時30分~ チャージ3000円

  Hyclad              

Yui(vl) 伊藤芳輝(g) 

          Hyclad のオフィシャルHPはこちら

http://www.hyclad.jp/index.html      

Innocrossing♪

こんにちは、船長です。

もとい、こんばんは。
またまた深夜の書き込みです。
インターネットニュースか何かで目にしたのですが
首相官邸には幽霊が出るという噂があるそうですね。
何でも二・二六事件で犠牲になった人の亡霊が出るとか。
安倍さんが就任半年経っても公邸に住まないのは
そのせいなのかって民主党の人が質問したらしいけど
そんなこと質問するのもどうかと思いますね(笑)。

幽霊やらオカルト現象ってのは昔から人の好奇心をそそるものです。
夏ともなれば怪談。
昔は冷房器具なんてないから恐い話をすることで
冷やりとした気分になろうっていう生活の知恵でもあったんですね。
僕が子供の頃なんか夏休みになると母親の実家である
長野の田舎に行ってたけどクーラーなんてまだ無かったもんなぁ。
そのくせ興味本位で恐い本とか心霊もののテレビとか見るから
トイレに行くのが恐くなったりして。
その頃兄貴が買ってきた妖怪図鑑ってのが好きで
昼間は面白いから(恐いのが面白い)夢中になって見るんです。
でも夜になって布団に入ってからが困る。
思い出さなければいいのに思い出しちゃうんだなぁ。
ましてその図鑑には厠に出るという妖怪、
「がんばり入道」が載っていたから。
なんでもこの「がんばり入道」、便所で気張っていると
窓からぬ~っと覗き込んでくるらしい。
ただの除き魔じゃないかという気がしないでもないですが
そりゃ幼い子供には恐いですよ。
夜中に一人でトイレに行くとうだけで怖いのに
さらにその田舎の家のトイレはちょっと離れにあるポットン便所。
そこへ加えて妖怪が現れるかもしれないというリスクを負うんですから。
でも図鑑によるとこのがんばり入道が覗き込んでいたら
「がんばり入道ホトトギス」という呪文を唱えれば
スッと消えるという何だか訳が分からない妖怪様です。
私はがんばり入道が出てもいないのに用を足す間
ずっと呪文を唱えていました。

心霊現象なんていうのもその延長にあるものかもしれませんね。
都市伝説にしてもそうですけど何か触れがたいものに
遭遇したいという好奇心がいろいろなものを
見せてくれるのかもしれません。
因みにこの妖怪図鑑、何故かいまだに持っています。
以前他で紹介したこともあるのですが
妖怪出現の記録という驚愕の資料が載っていまして
これが抱腹絶倒の面白さなのでこれはいずれまた
改めて紹介させていただこうと思います。
あれ、いま外で変な声がしたな。
・・・トイレ行きたいんだけど。

さてさて今夜のclipperは、
Innocrossingの登場です

2008年に結成されたInnocrossing。
50~60年代の古き良き時代のジャズを敬愛しつつも
自由なアプローチをコンセプトとしています。
ジャズクラブやライブハウスをはじめ多方面で活動を展開中、
clipper号には2度目の乗船となります。
アルバム『Push One’s Way』も好評な彼等が
今宵も敢えてノーチャージ投げ銭で堂々の凱旋。
新時代のジャズをたっぷりとご堪能ください

5月25日(土) 19時~

JAZZ IS ALIVE!!

Innocrossing                          

中田高弘(g) 平子建介(ts) 高山伸理(p) 坂本剛士(b)
山本亮(ds) 

どうぞお楽しみに      

児玉信一郎QUARTET♪

こんにちは、船長です。

暑いですね。
さすがに近頃は仕事中に汗ばむことも多くなりました。
以前にも書きましたが僕は暑いほうが比較的得意なので
それは一向に構わないのですが
この季節ひとつ困ることがあります。
似合う服がない。
夏ともなればどうしたって半袖、なかには下も短パンなんて
方もいます。
ひょろひょろなんです、私。
特に腕と足がひどい。棒か。
若い頃にこれではいかんと奮起して毎日スクワット300回、
腕立て伏せ200回とかやったんです。
そしたら多少筋肉はつくものの余計に細くなっちゃって。
それ以来無駄な努力は止めました。
(体質だからしょうがないんです。)
で、そんなひょろひょろ男に似合う服なんて
そうそう世の中にあるもんじゃありません。
おまけにこんな原始人みたいな濃い顔なので
(九州人だからしょうがないんです。)
尚のこと服が私を選んでくれない。
この体ならもっとスッキリした顔にするとか
或いはこの顔ならもっとがっしりした体にするとか
まったく親の顔が見てみたいもんだ。
(橋の下で拾われたからしょうがないんです。)
ということで辛うじて人様の鑑賞に堪えうる格好が・・・
え、誰も見ちゃいないって?
だからぁ、その、人様に不快感を与えないというか
見て吹き出しそうになるという苦痛を与えないというか
それが黒のポロシャツにジーパンという結論に達したんです。
ポロだとTシャツほど腕の細さが際立たないし
野生児のような顔にはスラックスよりジーンズのほうが無理が無い。
もう5年くらいそんな調子。
ということでこの夏も普段着の私を見かけたら
きっと黒のポロにジーンズでしょう。ははは。
え?それも似合わない?
引きこもろうかな・・・。

さてさて今夜のclipperは、
児玉信一郎QUARTETの登場です

当初今夜のステージはヴォーカリスト桃井まりさんを
フィーチャーしてお送りする予定でしたが
桃井さんの体調が優れないため今回は已む無くお休みとなりました。
そこで桃井さんの歌を盛り上げるべく準備していた
児玉信一郎さんを始めとするカルテットが
桃井さんの想いも込めてジャズのスタンダードを中心に
熱い演奏を届けてくれますよ

5月24日(金) 19時30分~

JAZZ IS ALIVE!!

児玉信一郎QUARTET             

児玉信一郎(as,fl) 田中和音(p) 桐沢輝(b) 小川このん(ds)
      
※出演が予定されていた桃井まりさん(vo)は体調不良のため
今回はお休みさせていただきます。ご了承くださいませ。   

どうぞお楽しみに 

外山安樹子TRIO♪

こんにちは、船長です。

またまた深夜です。
だから何かと日中は忙しいんですこのところ。
それで眠い目こすってこの時間に書き込んでるんです。
だってそうでしょ、そりゃそうだもの。
(小松の親分さん、分かる人少ないだろうな。)
しかも今しがた大量の植物ゴミをゴミ置き場に運んできたので
たいそう疲れております。
植物ゴミ?実は今日、いや日付ではもう昨日か(ややこしいな)
庭の生え放題になった植木や草類を市が斡旋している
業者さんに刈り取ってもらったんです。
庭と言ったって猫の額程度の小さな庭です。
それでも草を刈り取るというのは大変な作業です。
雑草くらいなら自分でやりますが植木がぼうぼうに生えたのは
さすがに自力では難しいので頼んだのですが
この業者さんなかなかお手ごろな価格でやってくれます。
ただし刈り取ったものは市指定のゴミ袋に入れていくだけなので
捨てるのは私。
玄関先にはどうだとばかりにパンパンに膨れた袋が4つ。
それを家から100メートルほど先のゴミ収集所に先ほど
運んできたわけです。
僕の住んでいるところは可燃ゴミは月木の朝に回収なので
今のうちにと勇んで4袋を両手に提げていざ出発。
・・・重い。
植物って案外重たいのね。
しかも昨日の「ヘッドスライディング事件」のため
強く握ると右手が痛ぇ痛ぇ。
30歩進んでいったん休憩。さらに20歩進んでまた休憩。
3歩進んで2歩下がる。
あそれ、人生はワンツーパンチ、などと自分を鼓舞しつつ
どうにか任務完了。
やれやれと玄関先に戻りふと見ると先ほどと逆の場所にさらに4袋。
今日は365歩やりきる余力がないのでまた日曜だな。

さてさて今夜のclipperは、
外山安樹子TRIOの登場です

卓越したテクニックはもとよりメロディメーカーとしての
センスで大人気の外山さん。
アドリブプレイにおいてもキャッチーなフレーズを
ふんだんに盛り込んで聴く者の心を弾ませます。
ユーモアにも長けていて毎回MCでも笑わせてくれますよね。
(ピカソ顔負けの天才画伯という一面も?)
今宵も関口宗之さん、秋葉正樹さんと共に
至高のピアノトリオで魅せていただきましょう

5月23日(木) 19時~ チャージ2000円

JAZZ IS ALIVE!!

外山安樹子TRIO                 

外山安樹子(p) 関口宗之(b) 秋葉正樹(ds)

どうぞお楽しみに
※なお本日のライブは大変混雑が予想されます。
満席となった場合それ以降のお客様は立ち見となりますので
予めご了承くださいませ。

ケンゾー ピアノ&ギターソロ♪

こんにちは、船長です。

昨日は日中にスタジオご利用のお客様がいまして
夕方まで出勤でした。
表向きはお休みになっていてもこんなふうに
ちょこちょこお仕事も入っているんです。
決して休みまくって遊び呆けているわけではありません。
(分かった?Kさん。)
で、無事仕事も終えて帰宅。
いや~こんな時間に家に帰ってるなんて贅沢だなぁ。
なんだか土曜日の小学生みたいな気分。
ついつい晩酌に走るのは呑兵衛の性ですね。
船長ってば家でもバーボン派です。
渋いね~。ダンディだね~。
これで壁際に寝返り打って夜というのに派手なレコードかければ
俺もジュリーになれるな。
でも最近すっかり蒸し暑くなってきたのでやはりビールが飲みたい。
こんなときに限って冷蔵庫に買い置きがないんです。
しょうがない近所のコンビニまで行ってくるか。

悪夢はここから始まったんです。

いつも使ってたコンビニは春先に閉店してしまったので
信号を挟んだ向こう側のコンビニへ。
ビール(はい、発泡酒です)を買って店を出ると信号が点滅を開始。
急げとばかり小走りで横断歩道に差し掛かった瞬間でした。
夜目には見えてなかったんですね。縁石が。
ずて~ん!!ずずず。
見事なアスファルト・ヘッドスライディング。
通りすがりの人も余りの勢いに驚いたようで
「大丈夫ですか!?」
「いやいや、なんでもないです、ははは」
と笑いで恥ずかしさを誤魔化したものの手の平を見ると
鮮血がじゅわぁ~っ(笑)。
取り合えず恥ずかしいのでテクテクと家まで帰って
よくよく体を見回すと肘からじゅわぁ~。膝からじゅわぁ~。
ここまで擦り傷だらけになったのは小学校以来です。
なあに、こんなときは赤チン塗れば大丈夫。
そうです、赤チン。誰もが子供の頃お世話になったマーキュロクロム液。
薬箱を探してみましたが子供がいるわけでもないし
家に赤チンがあるわけがない。
(参考資料:水銀を含むからとかで今は日本では販売してないそうですね。)
仕方ないのでよく洗っておきました。
何だか厄年を抜けてからついてないことが多いなぁ。
などとぼやきながらビール飲んでバーボン飲んで
すっかり傷のことも忘れてる船長がその後風呂に入った途端に
悲鳴を上げていたことは言うまでもありません。

さてさて今夜のclipperは、
ケンゾーさんのピアノ&ギターソロです

心和む繊細な音色が魅力のケンゾーさん。
ジャズのスタンダードから洋楽POPSまで
エヴァーグリーンな名曲をお洒落なアレンジで聴かせてくれます。
今宵も後半には人気ヴォーカリストの小島千奈さんが加わり
息の合ったステージを披露してくれますよ

5月22日(水) 21時~

JAZZ IS ALIVE!!

ケンゾー ピアノ&ギターソロ  

guest:小島千奈(vo)

どうぞお楽しみに