【千葉みなと ジャズバー】
JAZZ&BAR clipper(クリッパー)

ブログ

お休みのお知らせ

1月21日(火)は

お休みとさせていただきます。

何卒ご了承くださいませ。

♪お薦めライブ情報♪

フラメンコ・ヴォーカルの大渕博光と
ラテンジャズ界の人気ユニットTriangulo(トリアングロ)が
新しくて上質なポップスを目指して合体したプロジェクト。
フラメンコで鍛えたパワフルかつ哀愁を帯びたヴォイスと
抜群のグルーヴのバッキングセクションが産み出すサウンドは、
フラメンコやラテンのテイストを残しつつまさに
大人のジャパニーズポップス。

ライブではポップでありながらセッションの達人揃いならではの
インプロビゼーションの応酬で
変幻自在のバンドサウンドを聴かせてくれます。
今までありそうでなかったニュータイプのポップスユニット、
それが大渕博光&Triangulo。
2度目の乗船となる今回はclipper号のスター、
前川直人さんも1曲飛び入り参加するという噂も。
お洒落で躍動感溢れるこれぞ粋な大人のためのライブ。
ぜひお見逃しなく!!

2月14日(金) 19時~ チャージ3000円

clipper VALENTINE SPECIAL!!

大渕博光&Triangulo

大渕博光(vo,g)
Triangulo  奥山勝(p) 伊藤寛康(eb) 藤井摂(ds)

ご予約受付中です!!

REMEMBERS♪

こんにちは、船長です。

お袋様から聞いた情報によるとうちの近所にある
ユアエルムというデパートとスーパーの中間のような
大型ショッピング店に駄菓子屋さんが出来たとか。
近くにありながらなかなか足を運ぶ機会が無いので
全く知りませんでした。
(中高生の頃はしょっちゅう通ってたんですけどね。
ときどき屋上で芸能人のショーなんかやるのですが
長州力のサイン会のときには勇んで駆けつけました。)
ららぽ~とにもそんなテナントがあった気がしますが
駄菓子屋という響きはノスタルジックで惹かれますよね。

僕が子供の頃にはそれこそ通学路の途中にありましたよ。
ほとんど10円から30円くらいで手に入るお菓子ばかりでね。
ジャポニカ学習帳とか工作用紙とか上履きなんかも扱ってたから
ある意味で学校公認の「道草を許される場所」みたいでした。
ねこちゃんガムなんて呼ばれてたフェリックスキャットの
10円のガムとかよく買ってたっけ。
いま食べたら不味いんだろうな(笑)。
うまい棒なんてのは僕が小4くらいの頃に始めて登場したんです。
当時は○○味なんて種類はなくてうまい棒はうまい棒。
多分ソース味だったような気がします。
強烈だったのは「粉ジュース」。
袋に粉が入ってるだけで「コーラ」とか「メロン」とか
いろんな味があってこれも10円。
最初に買った時は袋を開けて駄菓子屋の脇にある
水道の水をそのまま袋に入れて飲むんです。ジュースですから。
これが不味い不味い。
それ以降は粉のまま口に入れて唾液でジュワ~っていう
感覚を楽しんでました。
どう考えても体に悪いものがほとんどでしたね。

それでも駄菓子屋というのは子供が初めて出会う
社交の場であり友達をつくる絶好の機会でした。
或いは悪いこと、たとえば万引きなんかすると
店のおばちゃんにがっつり叱られるという教育の場でもありました。
テナントの駄菓子屋さんにそれを求めるのは無理だろうけど
かつての子供たちの郷愁の場として一役担いそうですね。
最近は中高年の万引きが多いそうですが
こればっかりは郷愁では済まされないので止めましょう。

さて今夜のclipperは、
REMEMBERS の登場です

ベテランベーシスト兼ピアニストとして活躍を続ける小林新作さん。
彼が若手ミュージシャンの成長を願い結成したのがREMEMBERS。
メンバーは固定ではなくライブの度に入れ代わります。
ここclipperではやはりベテランドラマーとして活躍する
池田孝雄さんをゲストに招いてのステージを展開中。
今宵も若手のホープとして成長著しい
ヴィブラフォンの中島香里さん、
アルトサックスの原川誠司さん、
ベーシストの佐藤貴久さんが乗船。
スタンダードを始めビバップの名曲など
これぞジャズの楽しさという選曲でお届けします

1月20日(月) 19時~ チャージ1000円

JAZZ IS ALIVE!!

REMEMBERS                     

中島香里(vib) 原川誠司(as) 佐藤貴久(b)
小林新作(p) 池田孝雄(ds)  

どうぞお楽しみに

本日はセッション・デー♪

こんにちは、船長です。

本日はお待ちかねのセッション・デーです

ジャズ好き、楽器好きの皆さんが愛用の楽器を携えて
みんなでジャズ演奏を楽しむ一日。
初心者からプロの方までジャズが好きなら参加できますよ。
もちろん観覧だけでもご入場いただけます。
(参加費は頂戴いたしますのでご了承くださいませ。)

1月19日(日) 16時~22時

clipper SAIL ON SESSION!!

参加費 1000円 (1ドリンク付)

( 各担当ポジションのお集まり状況により演奏参加までに
お時間を頂くこともありますのでご了承ください。 )

皆様のお越しをお待ちしております
※なお本日は23時閉店となります。

 

貸切のお知らせ

1月18日(土)は貸切となります。

何卒ご了承くださいませ。

♪お薦めライブ情報♪

2月1日(土)、美しきヴァイオリン奏者、
牧山純子さんが遂にclipper号に初乗船します!

ゲイリー・バートンや上原ひろみとの共演を始め
2003年にはカーネギー・ホールで
バークリーストリングスオーケストラの一員として
チャーリー・ヘイデン、マイケル・ブレッカー、
ケニー・バロンらとの共演も果たした牧山さん。
2008年11月、ポニーキャニオンより自身のアルバム
『ミストラル』でメジャーデビュー。
翌年発売されたセカンドアルバム『Liberta』も絶賛されています。
最近ではジャズシーンだけでなくテレビ・情報ライブ
『ミヤネ屋』のコメンテーターも務めるなど多方面で活躍中。

初乗船となるライブはこれまた才色兼備のピアニスト、
安井さち子さん、
クオシモードのパーカッション奏者として大人気の
松岡matzz高廣さんとのTRIOという豪華メンバー。
ジャズというジャンルにPOPで楽しい空気を
送り込んでくれる牧山さんのヴァイオリン。
この機会をお見逃しなく!!

2月1日(土) 19時~ チャージ3500円(事前予約3000円)

JAZZ IS ALIVE!!

牧山純子TRIO

牧山純子(vl) 安井さち子(p) 松岡matzz高廣(per)

ご予約受付中です!!

今泉総之輔TRIO♪

こんにちは、船長です。

ときどき出勤前に「ひるおび」ってうワイドショーを見ます。
いや私が自分で好き好んでテレビ点けてまで
見るわけじゃないですよ。
お袋が家にいると大概その時間はワイドショー見てるので
自然と目に入ってくるんです。
ほとんど聞き流し(見流し?)てますが
たまに法律に関するクイズをやっていて
そのときはつい見入ってしまいますね。
八代さんっていう同世代の国際弁護士さんが解説してて
大変ためになります。

昨日もそれをやっていたのですが面白かったのは
偽証罪というのは被告人には当て嵌まらないんですね。
飽くまで証人という立場の人が嘘を言うと「偽証」になるそうで。
当事者が何を言おうとその発言は問われないんですね。
だから「記憶にございません」作戦が通用すると。
その八代さんが解説で
「基本的に人間は自分に不利にならないような
発言をするものなので」
と言っていました。
成程。
如何にも法治が全ての国際弁護士さんらしい意見だなと
思うと同時に俺にもそういうところ、きっとあるよなぁと自省しました。
人間には知らず知らず自己防衛本能が働くというのは
その通りかもしれません。

客観的に自分を見つめて自分が悪いと分かれば
素直に「ごめんなさい」が言えるか、
簡単なようで難しいものですよね。
でもそれが出来る人が結果的に他人からも信頼される、
つまり幸せな生き方が出来るのでしょうね。
うん、今年の私のキーワードは「素直」だな。
受験生諸君に一応言っておくけど
「素直」と「我がまま」は同類語ではないので気をつけよう。

さて今夜のclipperは、
今泉総之輔TRIOの登場です

クラブ・ジャズシーンにおいて日本を代表するバンドとして
ワールドワイドにその名を知られるクオシモード。
CDショップのクラブ・チャートで軒並み1位を獲得し
2009年には名門ジャズレーベルBLUENOTEと
正式契約を交わし堂々たるジャズ・アーティストとしての
地位を築いています。
そのクオシモードの要を成すドラマー、今泉総之輔さんが
遂にリーダーライブをclipperで敢行!
ベースには同じくクオシモードで大人気の須長和広さん。
そしてこれまた新たなジャズを創造するグループとして注目の
RALYZZDIGからピアニスト田村和大さんを招聘。
時代を担う人気アーティスト3人による
進化するジャズをご堪能ください

1月17日(金) 19時~ チャージ2500円

JAZZ IS ALIVE!!

  今泉総之輔TRIO                      

田村和大(p) 須長和広(b) 今泉総之輔(ds)

どうぞお楽しみに

徳田雄一郎SINGS & Taku Noguchi Project♪

こんにちは、船長です。

あまりの寒さに脳みそが機能しません。
特に記憶力という装置が弱っています。
単に歳なだけか。
それにしても去年といい今年といい寒いですね。
ちょっと前までの暖冬が懐かしい。
あたしゃこの濃い顔を見ればお分かりのように
血筋が九州なので暑い分にはいくらでも大丈夫ですが
寒いのがほんとに苦手なんです。
人間にも冬眠が許されればいいのに
などと本気で思ってしまいます。
故意か偶然か私は誕生日が3月4日、
生き物が動き出すという啓蟄の前日生まれ。
3月5日になれば生まれているので俄然ヤル気になり活発になる。
それまでの冬は眠っていたい性質なのでしょう。
(こじつけにも程があるな。)

折角なので3月4日生まれの有名人を調べてみました。
野島伸司さんがそうですね。
数々のドラマの脚本を手がけた才人と同じというのは
悪い気はしませんね、うん。
浅野温子さん。ちょっと変わってますね。
佐野史朗さん。もっと変わってますね。
山本リンダ。もういいや。
ちょっと個性的過ぎる面々ばかりですが
一人いましたよ凄いのが。
アントニオ・ヴィヴァルディですよ、ヴィヴァルディ。
あのバロック音楽を代表する大作曲家。
これは嬉しいな、なんと言ってもクラシックでは
バロックが一番好きですからね。
それなのに何故私には音楽の才能が無かったのか。
やはり誕生日や星座なんかで人の運勢なんて
決まらないものなのでしょうね。

バロックって「いびつな貝」という意味らしいけど
私の場合贔屓の球団と同じで
いびつな下位争いをするのが似合うようで。
(最多勝とホームラン王がいるのになぜなんだ。
ホームラン王は捕まっちゃうし、はぁ・・・。)

さて今夜のclipperは二本立て、
徳田雄一郎SINGS、そして Taku Noguchi Project です

clipperがオープンして以来、
ずっと拠点のようにライブを行ってくれているサックス奏者、徳田さん。
海外ツアーも展開するグローバルな男が
「clipperでのライブはずっと続けたい」と言ってくれる、
本当に有難く嬉しい言葉です。
今宵は自身のピアノと共にヴォーカリストとしての
魅力をたっぷりとお届けします。

そして後半からはご存知、Taku Noguchi Project。
礼節を重んじ常に真摯にピアノという楽器に向き合う野口さん。
その生真面目な性格とは裏腹に奏でる音色は
ジャズの明るく楽しい要素の魅力に満ち溢れています。
スイングしなけりゃ意味ないね、なんて曲もありますが
躍動感溢れる野口さんの演奏には
思わず身も心もじっとしていられなくなりますよ

1月16日(木)

JAZZ IS ALIVE!!

徳田雄一郎 SINGS!!         19時~
徳田雄一郎(vo,p) 玉木秀和(b) 鈴木雄二(ds)

Taku Noguchi Project     21時~
野口拓(p) 玉木秀和(b) 鈴木雄二(ds)

どうぞお楽しみに

梅田史GROUP♪

こんにちは、船長です。

雪予報が出ています。
このブログを読んでくださっているほとんどの方が
ご存知のように私は夜中に書いているのですが
先ほどまで煌々と照らしていた満月も薄い雲に覆われ
ぼんやりとした明かりになってきました。
降るんですかね、やっぱり。
起きたら分かることですが積もらないでくれればと願います。

一昨日我が甥っ子が晴れて成人式を迎えました。
早いものですねぇ、ついこの間まで一緒に遊んでいたのに。
6ヶ月ぐらいの頃、妹が実家である我が家に連れてきて
お袋と一緒に買い物に行ってしまい
彼と二人きりで残されたことがありました。
お膳の上に座らせてじーっと眺めていると
向こうもじーっとこちらを眺めてくる。
不思議な子でした。全くぐずらない。
どうしたものかと彼の顔に向かってロッド・ステュワートの
SAILINGを歌いました(なんでやねん)。
じーっと見ています。
泣きもしなければ笑いもしない。
「おい、なんか言えよ」
とほっぺたを突くとはにかみます。
妖怪かと思いました。

2歳くらいになってようやく喋り出した夏にまたまた
妹と遊びに来たので
「おい、おいちゃんとドライブするか」
とふざけて聞いたら「うん」と頷きます。
ドライブの意味さえ分かるはずがないのですが
面白いので連れ出しました。
まだチャイルドシートなんていらない時代でしたから
そのままちょこんと助手席に乗っかりいざ出発。
じーっとしています。
「おしっこしたくないか?」
黙って頷きます。
「咽喉渇かないか?」
黙って頷きます。
傍から見たら誘拐犯みたいです。
そんなこんなで20分くらい車を走らせて帰宅。
彼は満足したのだろうか?
よく分からないまま彼の母親の元に戻すと
「面白かった」
だって。
今でも気を遣うやつですがあんなにちっちゃい時から
おじさんのメンツを立ててくれていたのかもしれませんね。
その後、居間で話すお袋と妹の向こう側から
お祭りで使う彼の身体ぐらいありそうな大きな団扇を
二人に向かって真顔で扇いでいました。
下僕か。
可愛かったなぁ。

成人おめでとう。
君たちの世代はいろいろ大変なことが多くなるけれど
君の思いやる心を大切に力強く生き抜いておくれ。

さて今夜のclipperは、
梅田史GROUPの登場です

初乗船となる歌姫梅田さん。
clipper号ではおなじみのサックス&フルート奏者、
本間裕章さん垂涎のヴォーカリストです。
バックを固めるのは本間さんをはじめこれまたclipper号の
常連客員奏者(?)たちばかり。
ほのぼのとリラックスした中にも
大人ならではのジャジーな世界で魅了してくれそうです

1月15日(水) 20時~

JAZZ IS ALIVE!!

梅田史GROUP            

梅田史(vo) Kanoko Fujimura(p) 本間裕章(bs,fl) 
森若奈(ts) 森昌彦(b) Maya-G(ds)

どうぞお楽しみに

お休みのお知らせ

1月13日(月)14日(火)は

お休みとさせていただきます。

何卒ご了承くださいませ。

年明け早々風邪をひいたせいか(成果)、
ここ数日の寒波にも関わらずそれほど寒いと感じません。
たまたまお休みのときに風邪をこじらせたのが
結果的に免疫力を着けてくれたのでしょうか。
それならそれでまぁ有難いことですが、油断大敵ですからね。
今週一杯はこの寒波が続くそうなので
手洗いうがいは勿論のこと栄養のあるものを採らないと。

とは言いつつも生まれついての貧乏性、
とりわけてこれが食べたい!ってものもないんですよね。
4月までは実際貧乏なのでこの性分は助かりますが。
(4月になると消費税納付命令がドドーンと来るんですよ。
私の給料の3ヶ月分くらいを涼しい顔して持っていくんです。)
あぁグルメじゃなくて良かった。

好きな食べ物はと聞かれるとほんとに困りますね。
食べるのに苦労した時期があると
食べられるだけで有難いと自然に思うようになるし
好き嫌いもほとんどゼロと言っていい性質なので。
あ、でも生クリームとチョコはごめんなさいです。
これだけは成人してからまず口にしてません。
生クリームは「う・・・」ってなるんです。
チョコは咽喉に何か残る感じがダメなんです。
チョコが嫌いってのはいいですね。
バレンタインデーにもらえなくても
「俺はチョコが嫌いだからよかった~」
って痩せ我慢できますから、ええ。

それでも強いて何か好きな食べ物をと聞かれれば・・・
なめこ汁。
これは最強、無敵です。
世界三大スープといえばフカヒレ、ボルシチ、なめこ汁でしょ。
(トムヤムクンも大好きです。)
朝すすっても美味いし酒飲みの私には
呑んだ後のなめこ汁ほど至福の瞬間はありません。
なめこ汁に栄冠あれ。

あとは鶏肉を使ったものは全般的に好きですね。
代表的な肉の好きな順番でいえば鳥→豚→牛。
見事に貧乏人。
親子丼なんて超高級料理ですよ私には。
とりわさ、こんなもの出されたら酒が進む進む。
でもレバ刺しに続いていずれは食べられなくなるんだろうな。
何を食べるかなんて自己責任でいいのにね。
変な世の中。

食べたいものを食べて適度に身体を動かしていれば
いいんですよ。
近頃の世の中ときたら二言目には健康健康とうるさくて仕方ない。
それでがんじがらめになるなんてそれこそ不健康極まりない。

ということでこの冬も風邪をひかないために
大好きなバーボンという薬を摂取しようと思います。

貸切のお知らせ

1月12日(日)は貸切となります。

何卒ご了承くださいませ。

1月12日(日) 貸切ライブ  平田フミトGROUP

このところどうも運気が悪いというか
負の流れが続いていたんです。
まさか星占いとかを信じるような歳ではありませんが
風水なんかは何となくありそうな気もします。
「気の流れ」というのはそれこそ気の持ち様と言えば
それまでですが例えば電気製品が
立て続けに壊れたりするなんて経験あるでしょう?
最近我が家ではコタツ、エアコンが続々と壊れ
ついにお袋の電気毛布まで半壊。
それぞれに購入した時期はまちまちなのに
示し合わせたように同じタイミングで壊れるなんて
何かしら負の「気」があるのではとも思ってしまいますよね。

お店の方でもステージのミキサーが不具合を起こし
電気製品に呪われているのかしらとさえ思いました。
考えてみれば元日早々、久々に風邪でダウンしたり
結婚式の二次会貸切がキャンセルになったり
イオンモールが出来たことでCOSTCOへの買出しが
渋滞に巻き込まれるようになったりと
年が明けてからマイナスイオン全開な感じでございますが、
あ、マイナスイオンは身体にいいのか。
(イオン関係者の皆さんごめんなさい。決して他意はございません。
駄洒落を言いたかっただけです。)

しかし捨てる神あれば拾う神ありですね。
いつもお世話になっているまんぼうさんにミキサーのことを
お話したら翌日に新しいものを持ってきてくださいました。
実はこれまで使っていたミキサーもまんぼうさんが
譲ってくださったものなのです。
日々演奏が続くと時々荒っぽい使い方をする人もいるようで
遂にせっかく頂いた品が悲鳴を上げてしまったのでしょう。
修繕方法があるかを聞いただけなのに
翌日にもっと上等なミキサーを持ってきてくれたんです。
本当に多忙な方なんです。
それを寸暇を惜しまず利他のためにすぐに動ける人。
さらに告白するとミキサーだけでなくイコライザーも
モニタースピーカーもまんぼうさんからプレゼントされたもの。
YAMAHAの素晴らしいスピーカーも(本当にいい音なんです)
「clipperさんが続く限り永久レンタルということで」
と、はにかみながらご提供してくださった逸品。
もうclipperの機材はほとんど
スタジオまんぼうならぬステージまんぼうと言ってよい状況です。
心から感謝の想いで一杯です。

まんぼうさん、本当にありがとうございます。
大切に使わせていただきますね。

そしてキャンセルになった結婚式二次会にも救世主が。
これまたオープン当初からの常連、里村さん。
彼は「アルドール・テニスステージ」という
テニス・スクールを運営されています。
これまでに3校を立ち上げどこも大変な数の会員さんで
賑わっています。
そんな里村さんが新たに立ち上げたのが
先ほどネタでちょっと使わせてもらいました
幕張イオン・モール内にある「幕張新都心校」。
オープン1ヶ月も経たないというのに既に500人近い
入会希望者が訪れているというのだから驚きです。
今や千葉のみならず全国的にテニス・スクールの風雲児として
その名を知られ始めているアルドールですから
口コミで一気に集まってきたのでしょう。
先日久々にclipperを訪れたときに
何とはなしにキャンセルになった話をしたところ
「分かりました。何とかしましょう」
と。
既存校の自身の生徒さんを集めて新年会を
開いてくれることになりました。
うちは例年1月が厳しい店舗なので本当に有難いことです。
御礼を述べると
「私は関さんが困った時の緊急要員でいたいんです。
いつでも言ってください」
と。
泣かせます。

里村さん、ありがとうございます。
当日は思いっきり生徒さんと楽しんでくださいね。

悪い気に流されかけていましたが
ちょっと風向きが変わったような感じです。
それも「運」や「気」によってではなく
「人」の心によって。
今年も大切な人たちによって救われまた励まされ
頑張っていけそうな勇気が湧いてきました。

よし、ようやく船長の新年スタートだ。
支えてくださる皆さんの心に恥じないよう
今年も明るく楽しく過ごせる船を漕ぎ続けるぞ!!

橋本正也QUARTET♪

こんにちは、船長です。

人間は慣れる生き物だと教えてくれたのは
昔ネズミ王国で働いていたときの上司でした。
夢と魔法を届ける職場なのでそのぶん裏では
いろいろ大変なことが多いんです。
入りたての僕に「今はしんどいかもしれないけど
どんな厳しさにも人間は慣れていくものだから頑張れ」
という励ましの意味で使った言葉だったのでしょう。
ひじょうに正しい意見だと思います。

それとは別の意味で人間とは実に贅沢な生き物ですから
楽しいことにも慣れてしまうようで
大概のことは何かの焼き直しとしてインプットされるので
感動とか激しい心の動きから遠ざかっていく。
「僕はただ吃驚したいだけなのです」
という名言を吐いたのは確か国木田独歩だったと思いますが
年齢を重ねると少々のことでは吃驚しなくなるというのは
ある意味淋しいことでもありますね。
時の流れが早く感じられるようになる理由は
そこにあるという説を聞いたこともあります。

齢40をとうに過ぎて心底吃驚するようなことって
何なのでしょう。
カフカじゃないけど朝目覚めて自分が虫になってたら
それは間違いなく吃驚するでしょうけど
虫では喋れもしないからその吃驚を誰にも伝えられない。
却下。
或いは朝目覚めたら白亜紀にタイムスリップしてるなんて凄いな。
念願のティラノザウルスを生で見られるかもしれないけど
2秒で食われそうなのでこれも却下。
若しくは実の兄がある日突然女になっていたら。
実話なので却下。
案外これすら慣れてしまうし。

う~ん、なかなか心底吃驚することって無いものですねぇ。
あれ。くだらないこと言ってたらもう3時じゃないですか。
びっくりしたな~も~。

さて今夜のclipperは、
橋本正也QUARTETの登場です

変幻自在のアクロバティックなスタイルから
叙情味溢れる繊細な音色まで操る鬼才橋本正也さん。
まさにピアノの錬金術師と言ってもいいでしょう。
今年は更なる活躍が期待されるところ。
新年最初のclipper号乗船となる今宵は
大人気の若手サックス奏者、前川直人さんをフロントに
佐久間慎一さん、池田孝雄さんのベテランリズム陣を従え
王道のハードバップを届けてくれます

1月11日(土) 19時~ チャージ2000円

JAZZ IS ALIVE!!

橋本正也QUARTET               

橋本正也(p) 前川直人(as) 佐久間慎一(b) 池田孝雄(ds)

どうぞお楽しみに

※なお本日出演予定でした野津道夫さん(tp)は諸般の事情により
不参加となりました。何卒ご了承くださいませ。