【千葉みなと ジャズバー】
JAZZ&BAR clipper(クリッパー)

ブログ

前川直人BAND♪

こんにちは、船長です。

すっかり忘れていましたがもう7月なんですね。
毎年思うことですが「ウソだ~」。
だってついこのあいだ明けましておめでとうございますって言ってたもん。
先月のモノレールイベントの時に今年初めて会ったホイホイさんには
本当に明けましておめでとうございますって言ったけど。
いやはや瞬き一つですね。
以前にKKB232、後期高齢者バンド(数字は三人の年齢合計)
という名前のグループを知って「うまい!」なんて思ったけど
あっという間に僕もそうなりそうだなぁ。
それまで生きていればですけど。

さすがにこの歳になると「青春」って言葉を抵抗無く使えますね。
ある種の憧憬と帰らないものへの愛惜を伴って。
かつてこのブログに頻繁に登場した姪っ子。
(その後の姪っ子を気に掛けてくれた昨日ご出演のけいこさん、
素敵な歌声をありがとうございました。
次回も楽しみにしております。)
で、その姪っ子ですがお蔭様で高校生活を楽しんでるようですよ。
どうやらソフトボール部に入ったらしく夏前からもう真っ黒。
確か一年前までは「なでしこジャパン」に入るってんで
サッカーばかりやっていたはずですが。
青春時代なんてそんなものですよね。
あっちこっちに興味が飛びまくって、だからと言って決して
本人はブレているわけではなく真剣なんですね。
それぐらい感受性というものが毎日右往左往していて
だから青春ってのは特別な時間なんだろうな。
まぁ野球派の私としてはソフトボールに向かった奴には
頑張ってレギュラーを勝ち取って欲しいものです。
野球にしろソフトにしろ僕はあのキャッチボールというのに
ひじょうに拘泥るんです。
もう人生の縮図があそこにあると言いたいぐらい
キャッチボールについては一家言あるのですが
それについてはまたいずれ。
野球の話になるといよいよシーズンですね、夏の甲子園。
もう大好き、とんでもなく好きな世界。
次回は夏の甲子園の正しい鑑賞の仕方について勉強しましょう。

夢中でソフトボールをやっている姪っ子ですが
将来の夢はユタ州で化石堀りをすることだそうです。
女は難しい・・・。

さてさて今夜のclipperは、大人気、
前川直人BANDの登場です

鍛え抜かれた技術と洗練された演奏、
なによりジャズが何故楽しいのかを見事に体現してくれるバンド、
それがこの前川直人BANDです。
実質的なリーダーであるドラムの土谷さんが刻む4ビートに
堅実に応える佐久間さんのベース。
個性溢れるジャズの世界ならではの彩りを添える
橋本さんのピアノに載せて前川さんと生井さんの2管が
縦横無尽に躍動する様は否が応にも心昂ぶります。
生井さんのパンディロを駆使したサンバコーナーも
ラテン好きにはたまらないもうひとつの魅力。
しかし信用できる情報筋によると本日生井さんは和歌山に出張中。
果たして生井さんはライブ開演に間に合うのでしょうか??
遅刻した場合は罰ゲームでも受けてもらいましょう(笑)。

7月5日(金) 20時~

JAZZ IS ALIVE!!

前川直人BAND            

前川直人(as) 生井清太郎(tp) 橋本正也(p) 佐久間慎一(b)
土谷俊美(ds) 

どうぞお楽しみに

※なお本日のライブは大変混雑が予想されます。
満席になった場合それ以降のお客様は立ち見となりますので
予めご了承くださいませ。

とおやまけいこGROUP♪

こんにちは、船長です。

2020年のオリンピックを東京でという活動が盛んになってきましたね。
対抗馬の国が治安の問題で不利になってきたという話もあり
俄然トーキョーに注目が集まってきたというところでしょうか。
僕は普段はスポーツといえば野球ぐらいしか見ないほうですが
さすがにオリンピックともなると
「がんばれニッポン」になっちゃうからなぁ。
確かに長野冬季五輪の時は結構夢中になって見てた気がします。
原田選手の大ジャンプには興奮したっけ。
長野からもう15年も経つのか。
いやはや時の流れの早さには驚きます。
夏季ともなれば昭和39年の東京以来ですからね。
そりゃ当時を知る人からすればあの「日本の未来が
希望に満ちていた」空気を再びという気持ちになるよなぁ。

なんでも昨日だか今日だかまた招致のための
プレゼンテーションがあるそうで
猪瀬知事や滝川クリステルさんたちが向かったそうですね。
テレビでちらっと見たのですが麻生太郎副総理も現地入りとか。
SPに囲まれて歩いている麻生さんの映像が流れてましたが
大笑いしました。
ボルサリーノを斜に被りポケットに片手を突っ込んで
おいおい、こりゃマフィアだろっていう振る舞い。
実は僕嫌いじゃないんですよね、このお方。
そりゃ二世議員だしボンボンだろうけれどなんとも人間臭い
言動が憎めないんだなぁ。
だいたい総理就任中にも夜な夜なバーで飲んでたってんだから
実は本当にマフィアでは?と思ってしまいそうにもなりますよ。
総理時代に大学生たちと飲み会を開いたりもしてましたね。
その時にある学生から就職先が決まらないと相談されて
「闇雲に就活をしても駄目、自分のやりたい仕事に的を絞らなければ」
といったアドバイスをしたら「総理はデフレの現状が見えてない」
みたいな批判をされてましたけど
麻生さんは至極もっともなことを言っていると思ったけどなぁ。
だいたい大企業だからとか将来性がありそうだからなんて
そんな理由しかなくて応募してくる奴、俺なら絶対採らないよ。
そもそも「就活」という言葉が気に入らない。
安っぽいじゃないですか。
今の学生さんは生業という言葉知ってるのかなぁ。
やばいやばいオヤジの愚痴になってる。

で、今回のプレゼンで麻生さんも何か話すのかしら。
さすがにあんまり口を出さないほうがいいかも(笑)。
副総理の発言ともなれば重たいですからね。
麻生流ブラックユーモアが裏目に出て東京はアウトなんてなったら
えらいことです。
みぞうゆうの失態はしないでね麻生さん。

さて今夜のclipperは、
とおやまけいこGROUPの登場です

艶っぽさの中にもどこかアンニュイな香りを漂わせる歌声が
魅力のとおやまさん。
そのお人柄も相俟って多くのファンの支持を得ています。
久々の乗船となる今宵は気心知れたメンバーをチョイス。
人気ピアニスト野口拓さんを始めとした音の職人たちが
大人のためのヴォーカルナイトをさらに盛り上げてくれそうです

7月4日(木) 20時~

JAZZ IS ALIVE!!

とおやまけいこGROUP          

とおやまけいこ(vo) 野口拓(p) 石塚清隆(ts) 森昌彦(b)
安田俊逸(ds)

guest band : PaPa’s

どうぞお楽しみに

8月のライブはこちら♪

8月のclipperライブスケジュールは下記の通りです。

追加・変更が入りましたらその都度更新させていただきますので
時々チェックしてみてくださいね
ご予約も承っております。

8月

1(木) 店休日

 2(金) 鈴木雄二&米田直子                   20時30分~
鈴木雄二(ds) 米田直子(org)

3(土) 準備中

4(日) かりんとう ギターデュオ              18時~ チャージ1500円
      いわちゃん(eg) ムーチョ(ag) & GUEST
※ ライブ時間のみの営業となります

5(月) Remembers               19時~ チャージ1000円
澤田一範(as) 篠原完治(tp) 三寺順也(tb) 中島香里(vib)
佐藤貴久(b) 小林新作(p) 池田孝雄(ds) 

6(火) 店休日

  7(水) ケンゾー ピアノソロ

8(木) 山田貴子TRIO                            19時~ チャージ2000円
山田貴子(p) 安田幸司(b) 今泉総之輔(ds)

9(金) 松岡信二TRIO                            21時~
松岡信二(g) 森昌彦(b) 眞田治朗(ds)
※20時まで貸切となります。

10(土) ザ・ウカツバンド                           17時~
箆棒(vo,hca、紙芝居) 矢尾浩子(vo) ハギー(g) 林聖(b) 
久我潔(p) 境敏男(g) guest: 酒井明夫(g) 塩原正人(g)

11(日) ノスタルジック・フュージョン・パーティー  17時30分~
成澤隆文(g) まんぼう(key) ほか多数バンド出演!!
当日の出演バンドの詳細は下記サイトでご案内♪
http://star.ap.teacup.com/studiomanbou/4.html
※一般公開ライブですが出演バンドも多数のため
お席が足りない場合もございますので予めご了承ください。

12(月) Betty大竹&児玉信一郎            20時~
Betty大竹(vo,g) 児玉信一郎(fl) 

13(火) 店休日

14(水) 店休日

15(木) 徳田雄一郎 SINGS!!           19時~
徳田雄一郎(vo,p) 玉木秀和(b) 鈴木雄二(ds)

    Taku Noguchi Project         21時~
野口拓(p) 玉木秀和(b) 鈴木雄二(ds)

16(金) 前川直人TRIO                        20時30分~
前川直人(as) 三宅卓(eb) 藤田稔広(ds) 

17(土) NAKAKOJI BAND 公開リハーサル  20時~
中小路綾子(vo) Fujimura Kanoko(p) 本間裕章(sax)
森若奈(sax) 森昌彦(b) Maya-G(ds)

18(日) 店休日

19(月) 店休日  

20(火) 店休日

21(水) 岩崎千春TRIO            19時~ チャージ2000円
岩崎千春(p) 西川てるまさ(b) 木村啓太郎(ds)

22(木) 小暮哲也GROUP                        19時~ チャージ2000円
小暮哲也(g) 西川直人(org) 小前賢吾(ds)

23(金) TAMON KATO GROUP        19時~
TAMON KATO(vo) 速水真理(p) 上羽康志(b)
矢藤健一郎(ds)

24(土) Innocrossing                             19時~
中田高弘(g) 平子建介(ts) 高山伸理(p) 坂本剛士(b)
山本亮(ds)       

25(日) 店休日

26(月) 生井SAY太郎 ナマーソルトヒップ   20時~
生井SAY太郎(tp) 前川直人(as) 金子健太郎(g) 
神林亮太(eb) 石井しげじ(ds)

27(火) 店休日

28(水) ケンゾー ピアノ&ギターソロ   21時~

29(木) 萩尾しのGROUP                     19時~ チャージ2500円
萩尾しの(vo) 進藤洋樹(g) 村谷ゆうすけ(b)

30(金) まんぼうの部屋                             20時~
~ 土谷俊美さんを迎えて ~
土谷俊美(ds) 森昌彦(b) 前川直人(as) まんぼう(p,org)

31(土) 橋本正也QUINTET                  19時~ チャージ2000円
野津道夫(tp) 前川直人(as) 橋本正也(p) 佐久間慎一(b)
池田孝雄(ds) & 飯田久美子(vo)


チャージが表記されている日以外はチャージは無料です

気に入った演奏がありましたら、ミュージシャンに「お気持ち」を
差し上げてくださいね

(都合によりメンバーの変更、ライブが延期・中止となることも
ございますのでご了承ください。)

出演バンドについて詳しく知りたい方はお気軽にお店にお問い合わせくださいね。

皆さん、素敵な音楽を肴に好きなお酒を楽しみにどうぞいらしてください

 
 

SOUL GUN ♪

こんにちは、船長です。

一昨日の営業後、オープン当初からいろいろと
ご指導を頂いてきた方と一献交わさせていただきました。
昨年来何度か機会を作ろうとしてきたのですが
そのお方もお忙しくなかなか時間が取れず
ようやく実現した貴重なひととき。
メディカルライターというお医者様が読むような
とんでもなく難しい僕には目も眩むようなお仕事をされている
その方はそれでもどこまでも謙虚で温かい人柄で
音楽にも通じている大変尊敬する御仁。
計らずもほぼ時を同じくして独立起業したということもあり
人生の大先輩でありながら僕を同志のように
可愛がってくださるどころかほんのちょっと早く事業を始めた僕を
まるで先輩のように扱ってくれるそのお人柄に
ただただ敬意を表します。
酌み交わしながらの話題はどうしたって経営の上での苦労。
それでも愚痴のようにならないようにお互い意識している。
酒が美味い。
ところがいろいろお話をしているうちに
彼はどうもお金を騙し取られたようなんです。
それもうん百万円。
僕も会社員時代に金を騙し取られたことはありましたが
たかだか15万円です。
彼のうん百万円に比べれば屁みたいなもんです。
その屁みたいな額に今では振り回されてる有様ですが。
その時は騙した奴をくそったれこの野郎って思いましたよ。
幸いこの事業を始めてから今のところそういう目には遭ってません。
それに比べてうん百万騙された、
それでも彼は笑ってこう言いました。
「仕方ないですよね。それよりもそんなことも含めて
生きているっていう実感を持てますから」
反省しましたね。
このブログでもついつい金がないとぼやいてしまう自分。
同じように裸一貫で始めたはずなのに
事業をやれることの喜びを語る人生の先輩。
そうだよな。
この4年間、家賃が払えない、支払いが出来ない、
いろんな苦労を味わいながらもやってこられたというのは
喜びであり幸せなんだよな。
世間並みの40代の人に比べたらそれこそ屁みたいな収入でも
誇りに思える屁なんだ。
たくさんの人に支えられて「生きている」。
この実感は収入では計れないと改めて彼に教わった気がします。

先輩ありがとうございます。
でも消費税上がったらさすがに食っていけないので
値上げさせていただきます(笑)。

さてさて今夜のclipper、
SOUL GUN の登場です

いまや様々なルーツ・ミュージュクが融合し
ジャンルという区分けもほとんど意味をなさない時代かも。
それでもブルースとカントリーが融合しロックンロールが生まれたように
ブルースと西洋音楽の洗練からジャズが生まれたように
ブルースは今のポップサウンドの原点であるという
その黒っぽさにリスペクトするミュージシャンはいるんです。
R&B、ソウル、モータウン、そんな響きに心ときめかすあなた、
今宵SOUL GUNがあなたを至福の時間へと導いてくれます

7月3日(水) 21時~

JAZZ IS ALIVE!!

SOUL GUN                              

佐藤じゅん子(vo) 米田直子(org) 伊藤雅之(bs)
金田洋一(b) 米本明(ds)

どうぞお楽しみに

佐藤仁QUARTET♪

こんにちは、船長です。

さすがにちょっと疲れが溜まってますね。
昨日休みだったじゃねえかと思うでしょ。
表向きは休みですけど昼間に貸切で使ってくださった方がいまして
むしろ普段より早起きだったんです。
通常clipperは17時からの営業なのでその時間帯に
貸切ご利用がある場合は貸切と表記しますが
日中のみ貸切の場合、敢えて「お休み」とさせてもらってます。
というのは貸切だけど何かの問い合わせぐらいなら出来るかも、
という方がもしお店に足を運んでくれたりして
不在だったらやっぱり申し訳ないじゃないですか。
というわけで、そんな日も「お休み」の中に紛れ込んでいますので
「あいつしょっちゅう休みやがって
やっぱり道楽だな」とか思わないでくださいね。
かつかつです(笑)。

そんなわけで昨日は18時ぐらいには帰宅。
夏ですからまだまだ明るい。
こういう時何故に得をした気分になるのか不思議です。
なんも得なんかしてないのにね。
つい表に出て一服。
夕立がサーッと降ったせいもあり空気がうまい。
薄桃色の夕空を見ていると何か懐かしい郷愁の念に駆られます。
心の中の調べはアンドレ・ギャニオン。
安達太良山の空だけが空ではないだろう智恵子。
住宅街の上を暮れてゆく空を見ていると
どうしてこう清々しくて切ない、うまく言えないなぁ、
敬虔な気持ちとでも言いましょうか、
何か静かな祈りに近い想いが湧くんですよね。
身近な人に優しくありたいと思うほど自分が荒んでいるときは
見慣れたはずの景色が暮れてゆく空を眺めてみるのが
いいかもしれません。

おっと今日の船長どうしたんでしょうか。
いつになく感傷的ですね。
何かあったのかと思うでしょ・・・。

あるわけないじゃないですか。
こんな金ないセンスない甲斐性ないなんくるない男ですよ、
もひとつおまけにはしたないと来たもんだ。
たまにはね、おセンチな一瞬もあるんです。
ま、今日は今日で新しい朝が来たんですから、希望の朝が。
喜びに胸を開け大空仰げ。
第2体操の恥ずかしいポーズも堂々とやれる
気づけばおっさんになったなぁ。

そんなこんなで(どんなだ)今夜のclipperは、
佐藤仁QUARTETの登場です

和製コルトレーンの呼び声も高い佐藤さん。
深く重厚な響きを持つテナーはジャズ黄金期の響きを伝えてくれます。
そんな王道テナーを支えるメンバーも辣腕揃い。
なかでも久々の乗船となる“きんどう”こと木村喜明さんの
エバンスやECMの世界を思わせるリリカルなピアノには要注目です

7月1日(月) 20時~

JAZZ IS ALIVE!!

佐藤仁QUARTET                       

佐藤仁(ts) 木村喜明(p) 川崎聡(b) トニー工藤(ds)

どうぞお楽しみに

Hyclad  Yui&伊藤芳輝 ♪

こんにちは、船長です。

最近「ブログ読みました」と言っていただくことが多くなりました。
ありがたいですよね。
大半がふざけたことばかり書き込んでいるのに
毎日読んでくれている方もいたりして恐縮しきりです。
今日も「みかん事件」について心温まる言葉を頂いたNさん、
ありがとうございます。
嬉しいやら照れくさいやらでおどおどしてすみませんでした。
文面では偉そうなことも平気で言うくせにね、
これでも私、実はシャイなので謝意もまともに言えないのが弱点です。
またプレッシャーに弱いというおまけ付なので
きちんと書かなきゃと意気込むと大概空まわりするんです。
なので自然体でこれからもやらせていただきますです。

と言ってるそばから何を書こうかと結局行き詰まる有様。
特に書くこともないなら書かなきゃいいじゃんって思うでしょ。
変なところだけ責任感が強いのでそうもいかない。
人生設計はほんとに無責任なくせに。
あ、そうそう思い出しました。
一昨日だったかな、そのときはちょっと時間に余裕もあったので
出勤前にテレビのワイドショーを何とはなしに見てたんです(主婦か)。
法律的にこれは有りか無しかみたいなクイズのコーナーがあって
飲食店でのトラブルがテーマだったのでそりゃ見ちゃいますよね。
世の中にはクレイマーなんていう困った人もいるぐらいですから
お店を構えるものとしては何でも知っておかないと。
クレイマーが同時に二人も来たら偉いことですよ。
アカデミー賞取れちゃいますからね。
冗談はさておいてその番組で初めて知った事実があります。

「ツケ」ってあるじゃないですか。
「おやじ、悪いけど今日つけといて」
っていうアレです。
顔見知りのお客様なら「はーい、いいですよ」となりますよね。
ところがもしその人がツケを繰り返したとしましょう。
なんとツケには時効があるそうです。
それもたったの1年。
(いいこと聞いたとか思わないようにねKさん。)
これは驚きましたね。信用経済とはよく言ったものです。危ない危ない。
ただしこれには防御策もあってツケ発生時から1年以内に
1円でも払わせれば本人が「承認」しているということで
その1円支払いからさらに1年の期間に延びるそうです。
もちろん1円ではなく文面など本人の承認があればいいと。
(つまり承認しなければいいんだなとか思わないようにねKさん。)
商売に限った話ではありません。
法律を知っているか知らないでいるかで大違いなんですね。
でもアメリカみたいな移民国家ならともかく
日本でまでそんなことを考えなくちゃいけないなんて
何だか淋しい話ですよね。

いつも大変お世話になっているある企業の会長さんがいます。
先日お越しになったときにうっかり財布を忘れてきてしまったんです。
もう本当にお世話になっている方ですから当たり前に「ツケ」にしました。
また次にご来店のときでいいですよって言ったのですが
翌日の開店前にわざわざ足を運んでくださってお支払い頂きました。
僕は恵まれてます。これこそ信用経済。
「借金してると寝付けなくてね」
多忙のなか足を運んでくださりそんな洒落た台詞を言える。
そんな器の男になりたいよなぁ。

文中不名誉な( )ツケで登場したKさん、ごめんなさい。
いつも本当にありがとうございます。感謝してますよ本当に!

さてさて今夜のclipperは、いよいよですね。
ハイブリッド・クラシックを標榜するスーパーユニット、
Hycladのお二人の登場です

クラシック出身で民族音楽を得意とするヴァイオリニストYuiと
ワールドミュージックを中心に多方面で活躍するギタリスト伊藤芳輝が
それぞれのフィールドで培った音楽的スパイスをふんだんに盛り込み
大胆な切り口でクラシック曲を表現。
オーケストラの曲からピアノ曲まで、弦楽器の魅力を最大限に生かした
ダイナミックでスピード感溢れるライブが多くのファンを虜にしています。
クラシックも進化する。
ジャンルを超越したハイブリッド・サウンドの躍動と感動を
ぜひ体感してください

6月29日(土) 18時30分~ チャージ3000円

JAZZ IS ALIVE!!

Hyclad              

Yui(vl) 伊藤芳輝(g) 

どうぞお楽しみに

    

 

まんぼうの部屋 ~前川直人&金井央希♪

こんにちは、船長です。

参院選が近づいてますね。
あんまり余計なことを言うとまたあそこの船長は
波風立てるような話題が好きねぇ困ったもんだわとか
思われそうなのでちょっとだけ余計なこと言います。
そろそろ参議院も終わりにしていいんじゃないかな。
(ほら、また危険なこと言うでしょ。)
いやなにね、我が愛読紙、千葉日報でもここ数日
参院のあり方についての特集記事が掲載されていたんですよ。
「問われる良識の府」。大胆なタイトルです。
そもそも一院制では専制的な政治になりかねないから
より人生経験も豊富で良識ある人から成る府として
参議院ってのが存在するはずですよね。
ところがどうですか現状の二院制は。
政党の権益確保のための数字合わせとしか思えない。
「ねじれ」なんてそりゃ本来の参院の存在目的からしたら
当たり前の話なのにねじれてるから政治が進まないとか
子供みたいな言い訳してるんじゃないよ大の大人が。
もう税金の無駄遣いはいい加減に止めてほしいよな。

某党から私も子供の頃夢中になったアントニオ猪木さんが
出馬しますが正直う~んって思いもあるんだよなぁ。
外交のパイプを持っていることは猪木さんの武器だけど
結局客寄せパンダにされちゃうんじゃないの?
やれ元オリンピック選手とかやれタレントとかを
引っ張り出して票を集めようという姑息なやり方が
もう何年も当たり前に使われていることが解せない。
そりゃスポーツ選手にしろタレントにしろその世界では
必死に頑張ってきたんだからそこには敬意を表します。
で、なんで政治なの?
なんだか国民を小馬鹿にしてるんじゃねえかって思っちゃうんだな。
でもそこに投票しちゃう国民がいるのも事実だからね。

僕はアベノミクスにも懐疑的だし野合なんてもっとだらしなくて嫌だし
かと言って無党派なんていうとただの無関心層と一緒に
されるのも癪だから困っちまう。
選挙のやり方もそもそも良くないよな。
宣伝カーや駅前で「○○でございます」「○○党です」なんて
やられても「うるせえ!!」って言いたくなるもん。
おいらなんか夜型仕事だから朝っぱらから家の前で
車のスピーカーからぎゃんぎゃん喧伝されると
てめえ覚えとけよとか思っちゃうし。
こんなやり方しかしてこなかったから無関心層も増えたんじゃないかな。
ここはひとつNHKから民法まで全面協力して
一週間ぐらい朝から晩まで池上彰さんの解説による
「これが選挙と政治の仕組みです」みたいな番組でも
流してもらって国民に今の体たらくを知らしめたほうが
いいんじゃないかと本気で思うぞ。

最初の話に戻りますが参院がなくなればその分の
議員収入だけで社会保障費も随分賄えるんじゃないの。
そりゃ専制政治はもってのほか、大反対ですから絶対防ぎたいけど
もし本当に池上さん専制テレビウィークを設けてずっと朝から晩まで
繰り返し現状の政治世界を伝えれば
「参院とかぜ~んぜん意味なくね~、いらなくね~」
という政治参加する若者も出て・・・こねえか。

ちょっとと言いながら言いたい放題で荒れてましたね今日の船長。
え?何かあったのかって?

税金が高いんです。

いかんいかん。またネガティブな話題から入ってしまいました。
ここはひとつ人気者の登場で空気を換えてもらいましょう。
今夜のclipperは、
前川直人&金井央希 の登場です

今夜のステージはそもそも「まんぼうの部屋」でございます。
clipper号ではお馴染み、音楽界の人格者まんぼうさんが
皆様にぜひ紹介したいというアーティストを
まんぼうさんの進行とバックアップでお届けするコーナー。
ところが今日はやんごとなき事情からホストのまんぼうさんが
開演時には不在という事態となってしまいました。
しかしご安心を。今日のゲストはまんぼうさんが全幅の信頼を置く
人気サックス奏者の前川直人さん。
ゲスト+ホスト代行=主役という離れ業で臨んでくれます。
前川さんが選んだパートナーは金井央希さん。
金井さんは主にヴォーカリストのサポートミュージシャンとして
多方面で活躍する新進気鋭の若手ピアニスト。
これまでにも多くのヴォーカリストのライブやレコーディングに参加し
その類稀なセンスで魅了しています。
今宵は歌心溢れる前川さんのサックスにさらなる彩りを加えるべく
満を持しての乗船。
後半にはリアルホストのまんぼうさんもベーシストとして駆けつけ
POPでジャジーなトリオでお届けします

6月28日(金) 20時~

JAZZ IS ALIVE!!

まんぼうの部屋 ♪前川直人さんを迎えて♪    

前川直人(as) & 金井央希(p)   のち、まんぼう(b)

どうぞお楽しみに

堀江洋賀QUARTET♪

こんにちは、船長です。

それにしても昨日一昨日とよく降りましたね。
さすがに梅雨というだけはあります。
僕は雨はあまり好きではないんですが(ほとんどの人がそうか)
これから迎える暑い夏の水不足を防ぐためには
この時季の雨は貴重ですからね、
恵みの雨と思わないといけないでしょう。
雨と言えば車を運転する方は気をつけてくださいね。
ほとんどの事故は俺は大丈夫という慢心が招きますから。
今だからお話しますが一部の方はご存知のように
僕も2月にガードレールに激突するという大惨事を起こしまして。
やはり雨が降っている夜でした。
まぁ僕の場合居眠り運転だったのですが(慢心以下ですね)。
幸いなことに相手がガードレールでしたから
自分がエアバッグでこめかみを切るという程度で済んでよかった。
他人様を巻き込まずに済んだことは奇跡でしたね。
守ってもらえたんだなと改めて仏壇に手を合わせましたよ。
さすがにこの歳になると超常現象とか心霊現象の類は
信じていませんがこういう時にはご先祖様の存在が
自分を守ってくれているんだなと思いますね。

雨の事故で思い出しました。
高校2年だったか3年だったか忘れましたがやはり事故ったんです。
まぁ自転車ですが。
これが奇妙な話なんです。
当時僕は自転車で通学していました。
土地勘のない方には分かりづらいと思いますが
僕は花見川区の作新台と言われる区域に棲息しています。
通っていたのが海浜地区の検見川高校というところでした。
作新台から検見川高校までチャリンコで通うというのは
結構な距離があるんです。
一般道をちんたら漕いでいたら優に30分以上はかかりますね。
しかし高校ぐらいの頃は近道とか見つけるのが上手なもんです。
サイクリングコースと呼ばれる田んぼ道を使って20分で通ってました。

そんな通勤いや通学生活をしていたのですが
ある日学校で文化祭の準備に夢中になるあまり
気づいたら夜8時を回っていたんです。
さすがにすっかり日も落ちた田んぼ道を一人で帰るのは
あんまり気持ちのいいもんじゃないですよね。
街灯なんかありませんからね、田んぼですから。
自転車の灯りだけを頼りに進みます。
通いなれた道ですからこれで充分。
そこへ雨が降ってきたんです。いきなりザーって。
いや参ったなぁなどと思いながら道を急ぎました。
ふと自転車のライトが切れたんです。
とことんついてないな今日は。
でも夜目にも慣れてきた頃でしたから暗がりの中を走りました。
その一瞬の記憶がないんです。
あ、と思った瞬間に田んぼに墜落。
特にスリップしたとかでもないんです。
宙に浮いたと思ったら田んぼの中、泥まみれ。
わけがわからないまま田んぼから自転車を引きずり出して
ズブ濡れ泥だらけでどうにか帰宅したのですが
何が起きたのかさっぱり分からないんです。

その3日後ぐらいでしたか。
新聞の小さな記事を見つけたときはぞっとしましたね。
僕が墜落したあたりに小高い森のような場所があるのですが
ちょうどその辺りで首吊り死体が発見されたそうです。
死語数日は経過しているとのことでした。
発見された日付からすると僕が墜落したときには
まだその死体は森の中にいたみたいです。
墜落した瞬間の記憶がないことや翌日には自転車のライトも
普通に点いたことを思うとさすがにあのときばかりは
何かよくないものが働いていたのかもしれません。

一足早い夏の怪談でした(笑)。
今日出演の皆さん、こんな話から入ってごめんなさいね。
気を取り直していきましょう!
今夜は、
堀江洋賀QUARTETの登場です

コンテンポラリージャズの新星として活躍中の堀江さん。
誠実なお人柄がそのまま顕れたような瑞々しいオリジナル曲は
多くのファンを惹きつけています。
スタンダード曲の解釈も実に個性的。
「堀江流ジャズ」という世界をしっかり確立しています。
今宵も気心知れたメンバーと共に聞かせていただきましょう。
堀江ワールドの幕開けです

6月27日(木) 19時~ チャージ2000円

JAZZ IS ALIVE!!

堀江洋賀QUARTET                  

堀江洋賀(g) 宮田よし(sax) 永見寿久(b) 今野大輔(ds)

どうぞお楽しみに