【千葉みなと ジャズバー】
JAZZ&BAR clipper(クリッパー)

未分類

お休みのお知らせ

6月25日(土)はお休みとさせていただきます。

何卒ご了承くださいませ。

 

 

 

 

土曜日なのに!?と言わないでください。

いろいろ訳ありなのです。

来月も一回土曜休みとさせていただいておりますが

落ち着いたら事情もお話ししますね。

よろしくお願いします。

12月のライブはこちら♪

12月のclipperライブスケジュールは下記の通りです。

追加・変更が入りましたらその都度更新させていただきますので
時々チェックしてみてくださいね
ご予約も承っております。

12月

1(火) 店休日

2(水) 店休日

3(木) ★お薦め★
     Katorio 19時~ チャージ3000円
     香取良彦(vib) 布川俊樹(g) 納浩一(b)

4(金) 貸切

5(土) 岩橋百合GROUP 19時30分~ チャージ2000円
     岩橋百合(vo)寺島優樹(p)玉木秀和(b)近藤圭介(ds)

6(日) 貸切

7(月) 小林新作GROUP 19時~ チャージ1500円
     澤田一範(as)小林新作(p)佐藤貴久(b)橋爪大智(ds)
     guest: 中島あきは(as)

8(火) 店休日

9(水) ケンゾー ピアノソロ  21時~

10(木) 山田貴子QUARTET  19時~ チャージ2500円
                     山田貴子(p)maiko(vl)清水昭好(b)柴田亮(ds)

11(金) ★お薦め★
                浅田尚美GROUP19時~ チャージ3000円
                    浅田尚美(vo)森丘ヒロキ(p)箭島裕治(eb)北井誉人(ds)

12(土) 貸切

13(日) 店休日

14(月) しげじ’s SESSION 20時~
                    前川直人(as)生井清太郎(tp)副島俊樹(g)神林亮太(b)
                    石井しげじ(ds)

15(火) 店休日

16(水) 川上さとみTRIO 19時~ チャージ4000円(事前予約3500円)
                ~ New Album 『Ballerina』発売記念ライブ ~
                  川上さとみ(p) 山下弘治(b) 田鹿雅裕(ds)

17(木) Taku Noguchi Project 20時30分~
                   野口拓(p) 玉木秀和(b) 高崎洋平(ds)

18(金) 平井久枝GROUP 19時~ チャージ3000円
                    平井久枝(vo)前川直人(as)Amor(p)平野龍己(b)

19(土) 貸切

20(日) MAYA GROUP 19時30分~ チャージ3800円
                    MAYA(vo) 寺村容子(p) 新岡誠(b) 松尾明(ds)
                    ※17時半まで貸切のため18時30分開場となります。

21(月) 店休日

22(火) 矢原みづき &ケンゾー 20時~
                   矢原みづき(vo) ケンゾー(g,p)

23(水) 貸切

24(木) 前川直人GROUP  19時30分~
                    前川直人(as)まんぼう(p)三宅傑(b)藤田稔広(ds)

25(金) CHRISTMAS BGM DAY 20時~
                   
まんぼう(key)太宰理恵(p)前川直人(as)玉木秀和(b)
                     鈴木雄二(ds)

26(土) 山田貴子presents 
                     セッション・デー♪ 
13時~17時 参加費2500円
                    ホスト:山田貴子(p)小美濃悠太(b)坪井洋(ds)

27(日) 貸切予定

28(月) Rocky,まんぼう&ひろPON 20時~
                   誰が何をやるかは当日のお楽しみに♪

29(火) 貸切

30(水)~1月5(火) 店休日  

チャージが表記されている日以外はチャージは無料です

気に入った演奏がありましたら、ミュージシャンに「お気持ち」を
差し上げてくださいね

(都合によりメンバーの変更、ライブが延期・中止となることも
ございますのでご了承ください。)

出演バンドについて詳しく知りたい方はお気軽に
お店にお問い合わせください。

皆さん、素敵な音楽と美味しいお酒を楽しみにどうぞいらしてくださいね

高橋亜弓美GROUP♪

こんにちは、船長です。

人を利用しないこと。
自分が正しいと思わないこと。
自分だけが辛いと思わないこと。
やたらと腹を立てないこと。
まず相手の気持ちを考えてみること。
だらしなくしないこと。
今すべきことを先延ばししないこと。
今すべきことに一所懸命であること。
第三者の観点で自分を見ること。
感謝の気持ちを行動で表すこと。

はは~ん・・・。
あ、すいません。
今年の初めに自分への戒めといえば大袈裟だけど
チェックの意味合いで書き出してみた言葉たちです。
もう今年も半分過ぎましたが改めて見直してみると
たったこれだけのことなんだけど
出来ているかというと覚束ない。
というか全く自信がない。
情けないな。

船長10箇条と勝手に自分に課したものですが
ひとつひとつを見ていただくと分かるように
人が社会で生きるうえで当たり前なことを
論っただけの言葉なんですよね。
これが出来ていないとなれば社会人として人として
未熟者であるということでつまり私がその一人で・・・。

もしかしたらこれを守って生活すると
ストレスだらけだというご意見もあるかもしれませんが
生きるということはそもそもストレスだらけなはず。
時々息抜きをしつつやるべきことはやる。
それが大人の所作ですよね。

しっかりしよう。
まだ今年も5ヶ月あるんだから。
というか何も今年の目標とかいうものじゃなし
当たり前の大人としてしっかりするために
もう一度自分で決めた10箇条を胸に刻んで
生きよう。

さて今夜のclipperは、
高橋亜弓美GROUPの登場です

プロ歌手としてのスタートを切った高橋亜弓美さん。
最近では千葉だけでなく都内の有名ジャズクラブにも
出演するなど精力的に活躍の場を拡げています。
彼女の真骨頂は何と言ってもそのダイナミックな歌唱。
歌うことの悦びに満ち溢れています。
今宵はギタートリオをバックにしての乗船。
古き良きジャズ・エイジを髣髴とさせるステージで
大いに魅了してくれそうです

7月24日(金) 19時~ チャージ2000円

JAZZ IS ALIVE!!

高橋亜弓美GROUP

高橋亜弓美(vo) 唐沢英親(g) 平野龍己(b) 
HIRO長谷川(ds)

どうぞお楽しみに
※なお本日のライブは大変混雑が予想されます。
満席となった場合それ以降のお客様は立ち見となりますので
予めご了承くださいませ。
 

お休みのお知らせ

2月17日(火)は

お休みとさせていただきます。

何卒ご了承くださいませ。

今日は妻が日中用事があるので子守。
夕方からはバトンタッチで組合の新年会に行きます。

組合って言っても労働組合とかじゃありません。
これでも一応経営者なので僕が労組に入ってたら
おかしいですもんね。
飲食店や食を扱う中小や個人の事業者が
加盟しているもので僕が所属しているのは
もう60年ぐらいの歴史がある組合なんです。
そこの組合長さんが音楽も好きでご自身も
ピアノを弾く方なので自然とこの組合のお世話になる
形になりました。

飲食の個人・中小経営者となるともう圧倒的に
ご年配の方が多くて僕なんぞは「若手」です。
なので使い勝手がいい。
まぁそれは冗談ですが組合長に可愛がられ
可愛がられてるうちにいろいろとお手伝いが回ってきて
(去年の風邪を引いた集金などもそのひとつ)
気がつけば組合の書記になっているという
まんまと後継者への道を歩かされている感じです(笑)。

書記なんて中学生以来だなぁ。
学級委員長はやりたくないからひたすら逃げてたことを
思い出しました。
以前にも書いたと思いますが中一の二学期でしたね。
学級会で二学期の学級委員を決めることになり
友達に推薦されたのに頑として断って書記ならと引き受けたんです。
そしたら放課後に担任の先生に呼ばれましてね。
当時30代半ばの女性でした。
「あなたは出来るのにやらない。卑怯だ」
そう言われました。
今でもこの言葉は忘れません。

素敵な先生でした。

僕は全然「出来る」人間ではないけれど
人から頼まれたりしたときには可能な限り
応えなければいけないということをこの先生から教わりましたね。
同級生の話ではclipper号の近くに今お住まいだとか。
会いたいなぁ。

だから歴史ある組合の書記というのは
自分には荷が重いのだけれど出来ないわけではない。
それで少しでもお役に立てるならという想いです。

ただこれは辞めて欲しいのは組合長が誰かに
僕を紹介するときに「clipperの社長さん」っていうのよね。
個人経営者ですから社長じゃありません。
仮に将来法人成りすることがあったとしても
社長と呼ばれるのは好きじゃないんです。
なかには平社員なのにスナックで社長と呼ばれて
喜ぶ類の人もいるようですが僕はダメですね。
(ついでに言うと大したこともしてないのに
先生と呼ばれて悦に入る議員とか最悪ですな。)

カラオケなんかで「よ!社長」なんて言われたらもう
穴があったら入れたい、もとい、入りたいぐらい
気恥ずかしくなります。

今の立場なら「よ!書記長」ですかね。

一応言っておくと僕はK産党の人間ではありません。
もちろん、Kさん党でもありません。

今日も5時起きだってねKさん。
頑張って~。

しげじ’s SESSION♪

こんにちは、船長です。

出てなのね。
すいません、大変個人的な驚きですので。

私はSTUFFという70年代に流行ったクロスオーバーの
代表的なグループのファンでして。
たった3枚のオリジナル・アルバムを残して
その後は散り散りになったというと
ロックバンドにありがちな解散劇みたいですが
そもそもスタジオ・ミュージシャンのような人たちが
夜な夜な通っていたミケルズというバーで意気投合して
始めたグループですからそもそもバンドではないんですね。
それぞれにお仕事が忙しくなって自然消滅のような感じで
惜しまれつつ消えていった一時的ユニット。

なんでこのグループを好きになったかというと
中高生の頃にドラムをやってまして
(ご他聞に漏れず流行のロックコピーでした)
上手いドラマーというのは誰かというのを探るうちに
兄貴から教わったのがスティーヴ・ガッド。
もう虜になりましたね。
メチャメチャ上手いくせにレコーディングでは
その奥義をあまり見せない。
シンプル・イズ・ベストのスタンスなのですが
ライブになると超絶テクニックのオンパレード。
惚れました。
そのTPOのわきまえ方に。

そのガッドさんの叩いている作品を聞き漁った時期がありまして
自然とSTUFFに辿り着きました。
最初に聞いた頃はいまいち良さが分かりませんでした。
それはきっと自分が若く「俺が俺が」の年頃でしたから
ヴィヴィッドな感じがしない=つまらない、だったんですね。
30代になって聞き直してみるとあらまぁ吃驚。
全員凄いテクニシャンなのにシンプル・イズ・ベスト。
飽くまで全体のグルーヴ感を第一にしているところがいい。

で、そんなSTUFFのアルバム。
最初の2枚とNYでのライブ盤(これインチキです、
編集しまくりのある意味微笑ましい偽ライブ)
はずっと出回っていたのですが
何故か最後のスタジオ盤と日本公演の2枚は
なかなか再発されず妙な高値で出回っていました。
それがなんと。
何気なくAmazon見ていたら昨年暮れに
1080円という廉価で日本で発売されているじゃない。

というひじょうに個人的な驚きでした。

やっと手に入るのね。
ダウンロードでなくCD(ほんとはレコードがいいけど)派の
私としては感慨深いです。
(関係ありませんがCDの紙ジャケ仕様って
どれだけの人が喜ぶのかしら。
微妙に他のCDとサイズが違って保管も面倒だし。
今回の待望作品は普通の仕様らしいからよかった。)

さて今夜のclipperは、
しげじ’s SESSIONをお届けします

グルーヴ感というのもそれぞれに感じ方が違うかと思いますが
理屈抜きになんだかウキウキする音楽ってありますよね。
そんな音楽のウキウキ感を最も大事にするグループが
石井しげじさんのこのユニット。
STUFFとはまた気色が違いますが
個々の実力は相当なレベルでありながら
全体のグルーヴ感に重きを置くという点では
スタッフに引けを取らない存在といっていいでしょう。
とは言っても一人ADのようなスタッフが紛れ込んで
ラッパを吹いていますが。
え?それもグルーヴのひとつ?
ややこしや~

1月26日(月) 20時~

JAZZ IS ALIVE!!

しげじ’s SESSION         

前川直人(as) 生井清太郎(tp) 金子健太郎(g)
神林亮太(eb) 石井しげじ(ds)

どうぞお楽しみに

貸切のお知らせ

6月28日(土)は貸切となります。

何卒ご了承くださいませ。

♪お薦めLIVE情報♪

今やすっかりclipper号の看板スターとなった前川直人さん。
スムースジャズ系のPOPな音色を得意とし
彼がサックスを吹けば誰もが聞き入ってしまうほど
ジャズファン以外にも多くの支持を得ています。
そんな前川さんのキャリアに大きな金字塔を打ち立てたのが
昨年5月に実現したラテン・ジャズ・シーンを牽引するビッグトリオ、
トリアングロとの共演でしたね。
奥山勝(p)、伊藤寛康(b)、藤井摂(ds)という
ビッグスリーが奏でる情熱溢れるラテンサウンドに
真っ向から挑んだ前川さんの晴れ舞台は
詰め掛けた聴衆をとことん魅了してくれました。
あの感動をもう一度ということで
遂にその第二弾が決定いたしました!!
さらに今回はスペシャルゲストとして
一度引退したはずの(?)生井SAY太郎さんが登場。
超大物を前にしてあのキャラクターで通せるのか、
そちらにもご注目です。

7月13日(日) 18時30分~ チャージ3000円

前川直人 HYPER UNIT with トリアングロ

前川直人(as) 奥山勝(p) 伊藤寛康(b) 藤井摂(ds)

GUEST : 生井SAY太郎(tp)

 
 

生井清太郎とザ・ぽっきーず♪

こんにちは、船長です。

昨日はお昼からの貸切でした。
普段不良中年の夜型人間の船長には
この時間帯はなかなかに厳しいのですが
毎年ご利用いただいている有難いお客様です。
今年もほのぼのと温かい雰囲気に包まれた
素敵な発表会兼パーティーでしたね。
実はこの発表会のサポートバンドは
clipper号でも大人気を誇る外山安樹子TRIOなんですよ。
まぁなんて贅沢な(笑)。
このTRIOは演奏は勿論のこと気さくなお人柄も
手伝ってますます人気上昇中ですからね。
サックスの鎌倉淳さんとのジョイントライブも
今週14日(金)にclipperで行なわれます。
ぜひぜひ素晴らしい演奏を聞きにいらしてください。

そんな楽しいイベントの後の打上げパーティーで
また言われてしまいました。
お名前を忘れてしまい申し訳ないのですが
サンタナばりの素晴らしい泣きのギターと
ベースを聞かせてくれた素敵なお兄さん。
「ブログ、読んでます」。
ありがとうございます。
ありがたいと共にほんとに恐縮してしまうんですよね。
だって馬鹿なことばかり書いてるんだもの。
真面目なこと書こうとすると政治的にスレスレな話になるし。
日々の自分のこと書こうとすると心身共にヨレヨレになるし。
想い出話を美化して書くと脚色がバレバレだし。
やれやれ。

面白いですとか楽しみにしてますなんて言われちゃうと
プレッシャーで潰れそうだわ私。
(でも本当に嬉しく感謝しています。)
そういえば子供の頃に夢中だったウルトラマンレオに
プレッシャー星人なんてのがいたな。
どんな奴か覚えてもいないけれども
プレッシャーを相手に与えるならいいけど自分が感じてたとしたら
なんてへなちょこな星人だこと。
俺か。

僕が子供の頃の特撮ヒーローものには
ひどい名前の敵役が多かったですね。
やたらと食べるモットクレロンとか
山の神みたいなオニバンバとかね。
アポロってのがいた気がするけど・・・
あ、それはいつも薬缶を持って校舎の周りを
ぐるぐる回っている用務員さんだった。
それでアポロ。
昭和のガキはひどいあだ名を付けますこと。

結局今日もくだらない話をしてしまいました。
ま、いいか。
今日のグループも冗談から生まれたようなものだし。
今夜のclipperは、
生井清太郎&ザ・ぽっきーずのデビューライブです

千葉発の男性アイドルグループとして
巷を賑わわせていると専ら評判でないユニットが
強引に乗船を決め込んできました。
まぁからくりを明かせば人気の某ユニットが
担当楽器をガラガラポンしてみたら
意外にいけるんじゃないの、
ってことで冗談から生まれたアイドルグループです
(そこ拘るなぁ)。

地域密着型のアイドルが人気の時代に
密着されたくない度No.1のボーカリストが
満を持してフナッシー顔負けのハジサラッシー。
このおっさん、ラッパ吹きだったかラッパーだったはずですが。
懐メロ風から90年代J・POP風と
頼まれもしないのに本業をサボって作り上げた迷曲のオンパレード。
あのね、ここジャズ・バーですよ、おっさん。
こけたら覚悟しとけよ~。
と言いつつ密かに楽しんでる船長でした

3月10日(月)  20時~

GAG IS ALIVE!!

生井清太郎とザ・ぽっきーず     

生井清太郎(歌) 石井しげじ(鍵盤) 門藤翔太(細弦) 
金子健太郎(太弦) 前川直人(太鼓) 神林亮太(伴唱)

どうぞ期待をせずに

※なお本日のライブは特別な事情によりジャズとは
全く無関係な内容になっております。
ジャズを期待してお越しいただいた場合の責任は負えませんので
予めご了承くださいませ。
苦情その他は「中央区某所私書箱怒号 生井清太郎係」に
お願い致します。

お休みのお知らせ

2月11日(火)は

お休みとさせていただきます。

何卒ご了承くださいませ。

♪お薦めライブ情報♪

フラメンコ・ヴォーカルの大渕博光と
ラテンジャズ界の人気ユニットTriangulo(トリアングロ)が
新しくて上質なポップスを目指して合体したプロジェクト。
フラメンコで鍛えたパワフルかつ哀愁を帯びたヴォイスと
抜群のグルーヴのバッキングセクションが産み出すサウンドは、
フラメンコやラテンのテイストを残しつつまさに
大人のジャパニーズポップス。

ライブではポップでありながらセッションの達人揃いならではの
インプロビゼーションの応酬で
変幻自在のバンドサウンドを聴かせてくれます。
今までありそうでなかったニュータイプのポップスユニット、
それが大渕博光&Triangulo。
2度目の乗船となる今回はclipper号のスター、
前川直人さんも1曲飛び入り参加するという噂も。
お洒落で躍動感溢れるこれぞ粋な大人のためのライブ。
いよいよ今週金曜日です。
どうぞお見逃しなく!!

2月14日(金) 19時~ チャージ3000円

clipper VALENTINE SPECIAL!!

大渕博光&Triangulo

大渕博光(vo,g)
Triangulo  奥山勝(p) 伊藤寛康(eb) 藤井摂(ds)

お休みのお知らせ

2月4日(火)は

お休みとさせていただきます。

何卒ご了承くださいませ。

♪お薦めライブ情報♪

フラメンコ・ヴォーカルの大渕博光と
ラテンジャズ界の人気ユニットTriangulo(トリアングロ)が
新しくて上質なポップスを目指して合体したプロジェクト。
フラメンコで鍛えたパワフルかつ哀愁を帯びたヴォイスと
抜群のグルーヴのバッキングセクションが産み出すサウンドは、
フラメンコやラテンのテイストを残しつつまさに
大人のジャパニーズポップス。

ライブではポップでありながらセッションの達人揃いならではの
インプロビゼーションの応酬で
変幻自在のバンドサウンドを聴かせてくれます。
今までありそうでなかったニュータイプのポップスユニット、
それが大渕博光&Triangulo。
2度目の乗船となる今回はclipper号のスター、
前川直人さんも1曲飛び入り参加するという噂も。
お洒落で躍動感溢れるこれぞ粋な大人のためのライブ。
ぜひお見逃しなく!!

2月14日(金) 19時~ チャージ3000円

clipper VALENTINE SPECIAL!!

大渕博光&Triangulo

大渕博光(vo,g)
Triangulo  奥山勝(p) 伊藤寛康(eb) 藤井摂(ds)

ご予約受付中です!!