【千葉みなと ジャズバー】
JAZZ&BAR clipper(クリッパー)

ブログ

お休みのお知らせ

2月17日(火)は

お休みとさせていただきます。

何卒ご了承くださいませ。

今日は妻が日中用事があるので子守。
夕方からはバトンタッチで組合の新年会に行きます。

組合って言っても労働組合とかじゃありません。
これでも一応経営者なので僕が労組に入ってたら
おかしいですもんね。
飲食店や食を扱う中小や個人の事業者が
加盟しているもので僕が所属しているのは
もう60年ぐらいの歴史がある組合なんです。
そこの組合長さんが音楽も好きでご自身も
ピアノを弾く方なので自然とこの組合のお世話になる
形になりました。

飲食の個人・中小経営者となるともう圧倒的に
ご年配の方が多くて僕なんぞは「若手」です。
なので使い勝手がいい。
まぁそれは冗談ですが組合長に可愛がられ
可愛がられてるうちにいろいろとお手伝いが回ってきて
(去年の風邪を引いた集金などもそのひとつ)
気がつけば組合の書記になっているという
まんまと後継者への道を歩かされている感じです(笑)。

書記なんて中学生以来だなぁ。
学級委員長はやりたくないからひたすら逃げてたことを
思い出しました。
以前にも書いたと思いますが中一の二学期でしたね。
学級会で二学期の学級委員を決めることになり
友達に推薦されたのに頑として断って書記ならと引き受けたんです。
そしたら放課後に担任の先生に呼ばれましてね。
当時30代半ばの女性でした。
「あなたは出来るのにやらない。卑怯だ」
そう言われました。
今でもこの言葉は忘れません。

素敵な先生でした。

僕は全然「出来る」人間ではないけれど
人から頼まれたりしたときには可能な限り
応えなければいけないということをこの先生から教わりましたね。
同級生の話ではclipper号の近くに今お住まいだとか。
会いたいなぁ。

だから歴史ある組合の書記というのは
自分には荷が重いのだけれど出来ないわけではない。
それで少しでもお役に立てるならという想いです。

ただこれは辞めて欲しいのは組合長が誰かに
僕を紹介するときに「clipperの社長さん」っていうのよね。
個人経営者ですから社長じゃありません。
仮に将来法人成りすることがあったとしても
社長と呼ばれるのは好きじゃないんです。
なかには平社員なのにスナックで社長と呼ばれて
喜ぶ類の人もいるようですが僕はダメですね。
(ついでに言うと大したこともしてないのに
先生と呼ばれて悦に入る議員とか最悪ですな。)

カラオケなんかで「よ!社長」なんて言われたらもう
穴があったら入れたい、もとい、入りたいぐらい
気恥ずかしくなります。

今の立場なら「よ!書記長」ですかね。

一応言っておくと僕はK産党の人間ではありません。
もちろん、Kさん党でもありません。

今日も5時起きだってねKさん。
頑張って~。