【千葉みなと ジャズバー】
JAZZ&BAR clipper(クリッパー)

ブログ

生井清太郎とザ・ぽっきーず♪

こんにちは、船長です。

昨日はお昼からの貸切でした。
普段不良中年の夜型人間の船長には
この時間帯はなかなかに厳しいのですが
毎年ご利用いただいている有難いお客様です。
今年もほのぼのと温かい雰囲気に包まれた
素敵な発表会兼パーティーでしたね。
実はこの発表会のサポートバンドは
clipper号でも大人気を誇る外山安樹子TRIOなんですよ。
まぁなんて贅沢な(笑)。
このTRIOは演奏は勿論のこと気さくなお人柄も
手伝ってますます人気上昇中ですからね。
サックスの鎌倉淳さんとのジョイントライブも
今週14日(金)にclipperで行なわれます。
ぜひぜひ素晴らしい演奏を聞きにいらしてください。

そんな楽しいイベントの後の打上げパーティーで
また言われてしまいました。
お名前を忘れてしまい申し訳ないのですが
サンタナばりの素晴らしい泣きのギターと
ベースを聞かせてくれた素敵なお兄さん。
「ブログ、読んでます」。
ありがとうございます。
ありがたいと共にほんとに恐縮してしまうんですよね。
だって馬鹿なことばかり書いてるんだもの。
真面目なこと書こうとすると政治的にスレスレな話になるし。
日々の自分のこと書こうとすると心身共にヨレヨレになるし。
想い出話を美化して書くと脚色がバレバレだし。
やれやれ。

面白いですとか楽しみにしてますなんて言われちゃうと
プレッシャーで潰れそうだわ私。
(でも本当に嬉しく感謝しています。)
そういえば子供の頃に夢中だったウルトラマンレオに
プレッシャー星人なんてのがいたな。
どんな奴か覚えてもいないけれども
プレッシャーを相手に与えるならいいけど自分が感じてたとしたら
なんてへなちょこな星人だこと。
俺か。

僕が子供の頃の特撮ヒーローものには
ひどい名前の敵役が多かったですね。
やたらと食べるモットクレロンとか
山の神みたいなオニバンバとかね。
アポロってのがいた気がするけど・・・
あ、それはいつも薬缶を持って校舎の周りを
ぐるぐる回っている用務員さんだった。
それでアポロ。
昭和のガキはひどいあだ名を付けますこと。

結局今日もくだらない話をしてしまいました。
ま、いいか。
今日のグループも冗談から生まれたようなものだし。
今夜のclipperは、
生井清太郎&ザ・ぽっきーずのデビューライブです

千葉発の男性アイドルグループとして
巷を賑わわせていると専ら評判でないユニットが
強引に乗船を決め込んできました。
まぁからくりを明かせば人気の某ユニットが
担当楽器をガラガラポンしてみたら
意外にいけるんじゃないの、
ってことで冗談から生まれたアイドルグループです
(そこ拘るなぁ)。

地域密着型のアイドルが人気の時代に
密着されたくない度No.1のボーカリストが
満を持してフナッシー顔負けのハジサラッシー。
このおっさん、ラッパ吹きだったかラッパーだったはずですが。
懐メロ風から90年代J・POP風と
頼まれもしないのに本業をサボって作り上げた迷曲のオンパレード。
あのね、ここジャズ・バーですよ、おっさん。
こけたら覚悟しとけよ~。
と言いつつ密かに楽しんでる船長でした

3月10日(月)  20時~

GAG IS ALIVE!!

生井清太郎とザ・ぽっきーず     

生井清太郎(歌) 石井しげじ(鍵盤) 門藤翔太(細弦) 
金子健太郎(太弦) 前川直人(太鼓) 神林亮太(伴唱)

どうぞ期待をせずに

※なお本日のライブは特別な事情によりジャズとは
全く無関係な内容になっております。
ジャズを期待してお越しいただいた場合の責任は負えませんので
予めご了承くださいませ。
苦情その他は「中央区某所私書箱怒号 生井清太郎係」に
お願い致します。