【千葉みなと ジャズバー】
JAZZ&BAR clipper(クリッパー)

2017年6月

まんぼうズBar 春夏秋冬 ♪

6月30日(金)20時~

 JAZZ IS ALIVE!!

  まんぼうズBar 春夏秋冬 

   まんぼう(arr) 生井清太郎(tp) 前川直人(as) 

   太宰理恵(p) 竹内芳弘(g) 三宅傑(eb) 

   TBA(ds)

どうぞお楽しみに!!

山田貴子TRIO ♪

6月29日(木)19時~ チャージ2500円

 JAZZ IS ALIVE!!

  山田貴子TRIO 

   山田貴子(p) 小美濃悠太(b) 斉藤良(ds)

どうぞお楽しみに!!

徳田雄一郎 RALYZZDIG 完売のお知らせ

6月24日(土)19時~ チャージ3000円

 JAZZ IS ALIVE!!

  徳田雄一郎 RALYZZDIG

   徳田雄一郎(sax,vo) 鈴木直人(g)

   田村和大(p) 大垣知也(eb) ませきゆうと(ds)

   ※予約満席となりました。ありがとうございます。

本日はバー営業

6月23日(金)はバー営業です。

生演奏はございません。ご了承くださいませ。

例によって船長の好きなBGMを流しております。

 

 

 

さりげなく8周年を迎えておりました。
支えてくださった全ての皆様にこの場をお借りして
改めて感謝申し上げます。
 
いろんなことがあったなぁ。
僕は別に一儲けしたくて店を始めたわけではないし
むしろ自分が好きな音楽に関わる仕事で
食べていくことが出来るのならば
こんなに有難いことはないと半ば見切り発進で
出航したんですよね。
そんな甘い気持ちで始めたのだから苦労するのは当然。
もうダメか、いよいよか、ということの繰り返しでしたね。
 
お陰様で開業で借り入れた借金は返済しました。
でも油断は大敵。
これからは維持費というお金が掛かるのも
分かっております。
まっこと商売・・・に限らないな、
生きていくというのは大変なことですね。
 
まだ学生だった頃の自分には何十年後に
ここでジャズ・バーを経営しているだなんて
想像すら出来ないだろうな。
かくも人生とは不可思議なもの。
ただこうして8年も店を続けられているということは
良きご縁とその関わりある人たちのお陰であると。
そのことを忘れたら俺は終わる。
 
生きるということはそういうことだと思う。
 
30代最後の年に出航してがむしゃらにやっているうちに
50代の足音が聞こえてきた最近思うのは
体が持つうちは頑張ろうと。
いつだったか一人で38人のお客様を相手にしたときは
アントニオ猪木じゃないけれど
「こんな試合を続けていたら10年もつレスラー生命が
5年で終わるかもしれない」
なんて言葉も脳裏をかすめましたけどね。
あ、いきなり倒れた時には救急搬送お願いします(笑)。
 
皆様のお陰でいろいろなことを教わりました。
少しは成長したのかしら。
いやいやまだまだ人生勉強中。
 
僕の大好きなさだまさしさんの歌の一節。
「生まれた時に誰もが抱きしめてきた宝物がある
使えば使うほどに増えていく不思議で大切なもの
右手には溢れる元気 左手には強い勇気
たった一度の人生 たった一度だけの・・・
いつか知らぬ間に僕の手のひらは
すでにとても汚れてしまったけれど
あと少しだけほんのちょっとだけ頑張ってみようかな
仮に来年の春に僕の命が尽きると分かっても
その次の春に咲く花を
明日植えるように生きていきたいと・・・
生まれた時に僕にはその小さな小さな手のひらに
大切そうに握りしめてきたものがある」
(さだまさし『小さな手』より)
 
みんな元気で頑張っていきましょう。
 
きっと生きることは辛いことの方が多いけれど
お互いが分かりあう気持ちを忘れなければ
きっと生きることは楽しくもなるはず。
 
僕はこの店でそのことを教わった。
 
ありがとう。