イベント: 千葉県花情報

花摘み(南房総)

※見頃は・花摘みの料金・システムは、農園によって異なりますので、あらかじめご確認のうえ、お出かけください。

3 館山ファミリーパーク(館山市

館山ファミリーパークのポピーの花広場。7,500㎡の広大な花畑に約10万株100万本のポピーが咲き誇ります。最盛期は2月末から3月いっぱいですが、ポピーの花摘みは1月中旬から5月上旬まで楽しむことが出来ます。品種は小輪系のアイスランドポピーです。長年にわたり独自に花の交配を行い、カラフルで可憐な色合いを出してきた館山ファミリーパークオリジナルです。4月下旬に採取した種を、7月に一旦冷蔵保管し、選別をしてから種まきをします。8月初旬に小さな苗を箸の先で移植し、5cmくらいの大きさに育て、良好の苗だけを9月下旬に畑に定植し育てています。初寒の青い空の下、オレンジ色・黄色・白色など色とりどりのポピーが一足早い春を演出します。また、園内では、ストック・金魚草・キンセンカ・菜の花などの摘み取りも楽しめます。
《園内で摘み取り可能な切花》※天候・育成状況等により変わる場合があります。
・花の種類/料金/期間
・ポピー/10本200円/1月中旬~5月上旬
・キンギョソウ/1本150円/1月~5月上旬
・菜の花/3本150円/1月~2月
・キンセンカ/3本150円/1月
《洋ラン・シクラメンフェア》 植物売店にて洋ランとシクラメンの販売を行います。
・開催日:11月下旬~12月末
《房総の切り花販売》
ストック、スターチス、キンギョソウ、ポピーなど摘み取った色とりどりの切り花を販売します。
・期 間:12月下旬~4月上旬
《その他アクティビティ》※有料、ドックランは入園者無料
ドックラン(ワンちゃん入園料)、体験工房、パターゴルフ(9H×3コース)、釣り
□ 期 間:1月~5月上旬
□ 所在地:館山市布沼1210
□ 入園料:大人(中学生以上)800円、小人(4歳以上)550円
□ 交 通:富津館山道富浦ICから車で約30分
□ 問合先:TEL 0470(28)1110 館山ファミリーパーク
□ URL:http://familypark.jp/

 4 菜な畑ロード2020(鴨川市)
ひと足早く春が訪れる房総ならではの観光スポットとして、JR安房鴨川駅から徒歩圏内の圃場を活用し、黄色い菜の花いっぱいの「菜な畑ロード」をつくります。鮮やかな黄色に囲まれて、春を感じてみませんか?また、菜の花畑内でミニSLが運行します。(下記運行日)
□ 期 間:【見頃】2月上旬~3月上旬
【花摘期間】1月11日(土)~3月8日(日)9:30~15:00
□ Dr.イエロー:期間中の2月、3月の日曜日運行(予定)/お一人様200円
□ 所在地:鴨川市役所(鴨川市横渚1450)から徒歩10分の圃場及びその沿線道路
□ 料 金:10本/150円
※現地で係員が摘み取り用のはさみ、持ち帰り用に新聞紙・輪ゴムをご用意しております。
※ご希望の方には、長靴もご用意しておりますのでお申し付けください。
□ 団体受入:団体での申込みは事前予約となっております。
申込方法 事務局(鴨川市観光協会)へお電話ください。TEL 04(7092)0086
□ 交 通:JR外房線安房鴨川駅西口から徒歩20分/館山自動車道 君津IC~房総スカイライン~鴨川有料道路経由(鴨川市内の案内看板に従いご来場ください)
※カーナビの目的地設定は鴨川中学校を目印に入力ください。
□ 問合先:TEL 04(7092)0086 なな畑鴨川実行委員会(鴨川市観光協会)

5 道の駅鴨川オーシャンパーク(鴨川市)
花摘み
海を臨む絶好のロケーションで花摘みができるオーシャンパーク。4月上旬頃まで、露地栽培の花摘みができます。
□ 期 間:1月下旬~4月上旬 10:00~16:00
□ 所在地:鴨川市江見太夫崎22番地
□ 料 金:500円
□ 種 類:ストック・矢車草・ベニジューム・ポピー・菜の花

【食用菜花摘み】
千葉県エコ農産物に認定されている食用菜花。指定の袋へ摘み放題。
□ 期 間:1月下旬~
□ 料 金:1袋350円
□ 交 通:JR内房線江見駅から徒歩約20分
□ 問合先:TEL 04(7096)1911 道の駅鴨川オーシャンパーク
□ URL:http://kamogawaocean-park.com/

6 道の駅 おおつの里 花倶楽部(南房総市)
総面積4,000坪の敷地内で、露地栽培をはじめ、温室ハウス栽培の種類豊富な美しい花々を、心ゆくまで観賞することができます。お気に入りの花があれば摘み取りもお楽しみいただけます。
□ 期 間:11月~5月中旬
□ 所在地:南房総市富浦町大津320
□ 料 金:花、時期により異なる(入園は無料)
□ 種 類:ポピー・金魚草・ストック・スターチス・カーネーション・なでしこ・ ストレリチア・アルストロメリア 等
□ 交 通:富津館山道富浦ICから約3km、車で5分
□ 問合先:TEL 0470(33)4616 道の駅 おおつの里 花倶楽部

7 道の駅三芳村鄙の里(南房総市)
南房総の三芳地区では、ポピーや食用菜花の摘み取りが体験できます。道の駅「三芳村」鄙の里で受け付けをし、花摘み体験ができる農園をご案内します。
□ 期 間:2月下旬~3月下旬 ※要問合せ
□ 所在地:南房総市川田82-2
□ 料 金:お問い合わせください。
□ 種 類:ポピー・食用菜花 など
□ 交 通:富津館山道富浦ICから6.5km、車で10分
□ 問合先:TEL 0470(36)4116 道の駅三芳村鄙の里

8 粕谷農園(南房総市
□ 期 間:菜花2月中旬
□ 所在地:南房総市千代148
□ 料 金:食用菜花 1袋/550円 ※予定
□ 交 通:JR内房線館山駅から館山日東バス平群車庫行「千代原」下車徒歩10分
□ 問合先:TEL 0470(36)3334 粕谷農園

9 花の里フローラルビレッジ名倉(南房総市)
露地で咲かせた花々が畑一面を彩ります。海風と太陽の光を受けて育った露地栽培の元気なお花をぜひお持ち帰りください。
□ 期 間:1月~5月中旬
□ 所在地:南房総市白浜町白浜5818-1
□ 料 金:入園料500円(1人10本まで花摘み可)/入園のみ(花摘み無し)大人150円/子ども100円/4歳以下無料
□ 種 類:ストック・キンセンカ・菜の花・矢車草・金魚草 等
□ 交 通:JR内房線千倉駅から館山日東バス安房白浜行「西塩浦」又は「名倉」下車徒歩3分
□ URL:http://hananosatos.wixsite.com/hanano-sato
□ 問合先:TEL 0470(38)4618 花の里フローラルビレッジ名倉

10 白浜町内の花畑(南房総市)
□ 期 間:1月~3月中旬
□ 所在地:南房総市白浜町
□ 料 金:各農園により異なる
□ 種 類:キンセンカ・ストック・金魚草 等
□ 交 通:JR内房線館山駅東口からJRバス安房白浜行き利用
□ 問合先:TEL 0470(28)5307 南房総市観光協会

11 千倉町内の花畑(南房総市)
千倉町の白間津、七浦地区は、黒潮の影響で、道の駅地区全域が真冬でも霜が降りない常春の地です。切り花の露地栽培が盛んで、菜の花・金魚草・キンセンカ・ストックなど、数多くの花が12月下旬から3月中旬にかけて開花します。道路を挟んで山側と海側の両方に広大な花畑が広がっているため、花の絨毯を敷きつめたような光景を見ることができます。
□ 期 間:1月~3月中旬
□ 所在地:南房総市千倉町白間津、七浦地区
□ 料 金:各農園により異なる
□ 種 類:ストック・ポピー・キンセンカ・菜の花・小菊・金魚草・矢車草・ベニジューム
□ 交 通:JR内房線千倉駅から館山日東バス安房白浜行「七浦」又は「白間津お花畑」下車
□ 問合先:TEL 0470(44)3581 南房総市観光協会千倉案内所

12 和田町花園地区の花畑(南房総市)
田宮虎彦の小説「花」の舞台でもある和田浦。南房総の春は12月から始まります。まず、菜の花が辺り一面に黄色の絨毯を織り上げ、四季を通じてキンセンカ、矢車草・カーネーション・ストック・アイリスなどさまざまな花が暖かな風景をつくります。花摘みのできる花畑もあり、ハウスは1本100円前後、露地は1本20~30円前後です。ひと足早く春を家に持ち帰ることができます。
□ 期 間:12月下旬~5月上旬
□ 所在地:南房総市和田町花園地区
□ 料 金:各農園により異なる
□ 種 類:ポピー・ストック・金魚草・キンセンカ・菜の花・カーネーション・チース等
□ 交 通:JR内房線和田浦駅から徒歩25分
□ 問合先:TEL 0470(28)5307 南房総市観光協会

花摘み(北総)

※見頃は・花摘みの料金・システムは、農園によって異なりますので、あらかじめご確認のうえ、お出かけください。

1 成田ゆめ牧場(成田市
1月から4月にかけてポピー、キンギョソウの花々がフラワーハウスを彩ります。冬から春にかけての期間、色鮮やかな花々をお楽しみください。
□ 期 間:1月~4月
□ 所在地:成田市名木730-3
□ 料 金:キンギョソウ1本100円、ポピー3本100円、10本300円、アネモネ1本100円、ナデシコ2本100円、ラナンキュラス 1本100円
※数がなくなり次第終了 ※牧場入場料別途
□ 交 通:JR成田線滑河駅から無料送迎バス10分、圏央道下総ICから車で約2分
□ URL:http://www.yumebokujo.com
□ 問合先:TEL 0476(96)1001 成田ゆめ牧場

 2 磯山観光いちご園(東庄町
磯山観光いちご園では、イチゴ狩りのほかにポピーの花摘みも楽しむことができます。
□ 期 間:1月上旬~5月中旬
□ 所在地:香取郡東庄町笹川い4539
□ 料 金:入園料300円でポピー10本まで、追加は1本20円
□ 交 通:JR成田線笹川駅から徒歩20分又はタクシー5分
□ 問合先:TEL 0478(86)4312 磯山観光いちご園

水仙遊歩道〔南房総市〕

早春の花が広がる南房総。岩井の水仙遊歩道は、可憐な白い花が咲き誇る水仙の道です。

水仙の見頃は、12月下旬から2月上旬で、特に1月中旬が見ごたえがあります。富楽里とみやまから約1km離れた所に「とみやま水仙遊歩道」があり、約5万本の水仙が栽培されている群生地を花の香りを楽しみながら歩くことができます。まずは、「富楽里とみやまインフォメーション」に立ち寄り水仙遊歩道の地図を入手の上1~2時間(約3.5km)かけてゆっくりとお楽しみください。

見頃:12月下旬~2月上旬
場所:南房総市合戸
交通:道の駅富楽里とみやまから徒歩で約15分/富津館山自動車道路鋸南富山ICから約1.5km

水仙まつり 江月水仙ロード・をくづれ水仙郷(鋸南町)

昔から「鋸山を越えると肌着が一枚いらない」といわれるほど南房総は暖かく、北国で雪の便りが聞かれるときでも南房総は花でいっぱいです。房州の花づくりは、安政年間(1854年~1860年)、保田地区に咲く日本水仙が元名もとな水仙すいせんと呼ばれ、船で江戸に運ばれたのが始まりといわれています。

<江月水仙ロード>
江月地区では、出荷時期を過ぎ観賞用となった日本水仙が、町道の両端約3㎞(江月水仙ロード)に渡って咲き乱れ、水仙まつりの期間中は、道沿いに地元農家による農産物・水仙の花の販売等が行われます。土地の気候条件により、香りが豊かで背丈が長いのが特徴で、12月中旬から1月末ごろが見頃となります。水仙まつり期間中の1月12日(日)は、11:00から水仙ひろばで、ミニ音楽会、ほっと汁、併せて地元特産品の販売が行われます。

<をくづれ水仙郷>
日本水仙と、その周辺に点在する各種みかんの緑の葉と黄金の実とのコントラストは冬空に映え、さらに、1月の下旬になると早咲きの紅梅・白梅が皆様をお迎えします。
水仙まつり期間中の1月11日(土)は、11:00から佐久間ダム公園で餅つきが行われ、期間中水仙の開花状況にあわせ、佐久間ダム公園「水仙の小径」でライトアップも行われます。
水仙のシーズンが終わる頃には、佐久間ダム公園の早咲き桜のシーズンとなり、鋸南町を代表する「頼朝桜」が2月中旬より咲き始め、大漁桜・寒緋桜・彼岸桜・染井吉野・しだれ桜・八重桜と4月中旬まで楽しむことができます。

期間:127日(土)~2月2日(日)
場所:江月水仙ロード/安房郡鋸南町江月地先
   をくづれ水仙郷/安房郡鋸南町大崩地先
料金:無料
交通:江月水仙ロード/JR内房線保田駅から徒歩15分で水仙ロード入口
   をくづれ水仙郷/JR内房線保田駅又は安房勝山駅から町営循環バス
   赤バス・青バス「終点」下車
URL:http://www.town.kyonan.chiba.jp/kyonan/

抱湖園の元朝桜(南房総市)

旧暦の元旦の朝に咲くことから「元朝桜」と呼ばれる少し濃いめのピンク色をした約60本の寒桜が抱湖園に咲きそろいます。

南房総市和田町は、全国的にも有名な花の産地で、その昔、間宮七郎平という薬剤師が旧和田町に住んでおり、安房で初めて花づくりに成功しました。七郎平は、花づくりによって半農半漁の和田の人々の生活が救われることを何よりも願っていました。花づくりで成功した七郎平は、次に山を切り開き、花木を植えることを思い立ち、自ら鍬を持って花園の裏山の堰の周りを開墾し、「抱湖園」と名付けて花木を植えました。

2月2日(日)には「桜まつり」が開催されます。元朝桜と梅が見頃を迎え、少し早いお花見を楽しむことができます。

見頃:1月下旬~2月下旬
場所:ほうえん/南房総市和田町花園
交通:JR内房線和田浦駅から館山日東バスで「花園」下車徒歩10