イベント: トピックス

【千葉県からのお知らせ】京成線・新京成線・北総線で行く「鉄道で楽しむ!旬の夏秋ちばの旅」 

京成線・新京成線・北総線で行く「鉄道で楽しむ!旬の夏秋ちばの旅」 
好評発売中!!

昨年に引き続き、京成グループ(京成電鉄株式会社、新京成電鉄株式会社、北総鉄道株式会社、京成トラベルサービス株式会社)と連携して、京成線・新京成線・北総線沿線の観光スポットを巡る鉄道旅行商品を発売中です。
昨年ご好評をいただいたコースはもちろん、地域の魅力が詰まった新たなコースも設定。是非、秋の旅にご利用ください。

①商品の概要
(1)目的: 鉄道を活用した日帰り旅行商品(モニターツアー)を発売し、
首都圏からの新たな観光ニーズを掘り起こす。
(2)発売開始日: 平成29年8月7日(月)
(3)出発日: 平成29年8月19日(土)~12月24日(日)
(4)商品内容: 京成線・新京成線・北総線沿線の観光スポットを巡る全11コース
※ 詳細はパンフレットをご参照ください
(5)発売箇所: 東武トップツアーズ株式会社、株式会社小田急トラベル、
京急観光株式会社、京王観光株式会社、関鉄観光株式会社、
京成トラベルサービス株式会社の各店舗(一部の店舗を除く)

②ポイント
○ これまであまりにも身近すぎて、その魅力が十分に知られていない京成線・
新京成線・北総線沿線の観光スポットを巡るコースです。
○ 都内から鉄道を使って気軽に楽しめる多様なコース(秋の味覚 梨・ブドウ狩り、
ナイター競馬で誘導馬と写真撮影、精進料理・写経体験、バラと人気のスイーツ
を組み合わせたコースなど)を設定しました。
○ 沿線の観光をさらに楽しんでいただくため、観光ガイドブック「京成沿線
おでかけぶっく」(京成線)、「おでかけ日和」(新京成線)、「ことりっぷ もっと
北総線さんぽ」(北総線)をお申込みいただいたお客様にお配りします。

その他
〇 平成30年1月~3月を出発日とした早春ツアーの発売も予定しています(平成
29年12月発売開始予定)。

*関連記事:秋の観光キャンペーン「魅力いっぱい ギュッと千葉」実施中!

【千葉県からのお知らせ】秋の観光キャンペーン「魅力いっぱい ギュッと千葉」実施中!

秋の観光キャンペーン「魅力いっぱい ギュッと千葉」実施中!
秋のパンフレット『房総玉手箱』を配布しています。

「自然体験」・「秋の名所」・「歴史探訪」・「グルメ」・「温泉宿泊」など秋の千葉県の魅力いっぱいのパンフレットを関連各所に設置、配布しています。
この一冊を片手に、秋の房総の玉手箱を開いてみませんか?

配布場所:JR主要駅(東京・神奈川・埼玉・千葉などの)、NEXCO東日本や首都高速のSA・PA、海ほたるPA、大手旅行会社店頭、県内の道の駅、チーバくんプラザ「千葉県観光情報館」、チーバくん物産館など。

 *関連記事:京成線・新京成線・北総線で行く「鉄道で楽しむ!旬の夏秋ちばの旅」

 

第36回南総里見まつり

館山の秋の風物詩「南総里見まつり」は今年で第36回を迎えます。
総勢24基のお船・山車・屋台・神輿が参加し、一般公募により選ばれた「伏姫」や「八犬士」、「手作り甲冑隊」など、総勢約200名の武者行列が鏡ケ浦通りや館山駅西口を練り歩きます。
その後、北条海岸の特設会場で戦国合戦絵巻が行われ、「南総里見八犬伝」で活躍する八犬士の演武や本格的な合戦シーン、火縄銃の演武などが楽しめます。会場では好評のグルメ祭りや里見芸能祭も開催され、夜には打ち上げ花火が祭りに華を添えます。

日時

10月21日(土) 10:00~18:45

場所

館山駅西口・北条海岸特設会場 他

交通

JR内房線館山駅西口下車すぐ

URL

http://satomi.tateyamacity.com/

佐原の大祭 秋祭り

小江戸佐原の一大イベント「佐原の大祭」は、国の重要無形民俗文化財に指定されており、関東三大山車祭りの1つと称され、約300年の伝統を有します。
昨年には佐原の山車行事を含む「山・鉾・屋台行事」がユネスコ無形文化遺産に登録されました。
自慢の山車は、総欅造り等の本体に関東彫りの重厚な彫刻が飾り付けられ、上部には江戸・明治期の名人人形師によって制作された高さ4mにも及ぶ大人形などが飾られています。
日本三大囃子「佐原囃子」を町中に響かせながら、小江戸と呼ばれる町並み(国選定重要伝統的建造物群保存地区)を、家々の軒先をかすめながら山車が進むさまは風情たっぷりで、江戸時代の情景を彷彿とさせます。

日時

10月13日(金)~15日(日)10:00~22:00

場所

佐原新宿地区/香取市佐原

交通

JR成田線佐原駅下車

URL

http://www.city.katori.lg.jp 

水郷佐原あやめパーク平成29年4月29日プレオープンします。

水郷佐原水生植物園は平成29年4月29日、新たに与田浦と一体となった水郷風景明媚で雄大な公園となってオープンします。名称も「水郷佐原あやめパーク」と命名され、園内にはハナショウブの他、フジやハスに加え、新たにリコリスなどを植栽、さらに、子供たちが楽しめる遊園施設も完備しました。

また、今まであやめ祭り期間中だけ運航していた「サッパ舟園内舟巡り」は10月まで運航いたします。一方、公園を訪れた方がくつろげるお休み処も準備中です。

市及び関係者一同皆様のお越しをお待ちしております。

あやめパークは、1969年(昭和44年)に開園した市営の植物園で、水郷地帯を代表する観光施設です。
約8haの園内には島や橋、水面を配置し、アヤメ、ハナショウブ、ハス、フジ、ポプラなどが植えられ、水郷の面影が伺えます。
あやめパークのメインイベントである、6月のあやめ祭りでは、江戸・肥後・伊勢系など400品種150万本のハナショウブ(アヤメ科)が咲き乱れ、園内では本物の結婚式が行われ船でお披露目をする嫁入り舟、さらに佐原囃子の下座舟など、様々なイベントが行われ、多くの来訪者で賑わいます。

また、中国南京市から贈られた千弁連など300種以上のハスが開花する、7月から8月にかけてはハス祭りが行われます。園内を周遊するサッパ舟にも乗ることができます。

□  住所:〒287-0801千葉県香取市扇島1837‐2
□ 電話番号:0478‐56‐0411  FAX 0478‐56‐0412
□ URL:http://www.city.katori.lg.jp/sightseeing/ayamepark /index.html 
※4月1日から アクセス可能
□ メールアドレス:ayame@city.katori.lg.jp
□ 交通アクセス:
■公共交通機関をご利用の場合
JR佐原駅から、
  ◎コミュニティーバス
  【北佐原・新島ルート】(月~金に運行)にて「水郷佐原あやめパーク」下車、徒歩1分。
  ◎関鉄観光バス
  与田浦線潮来方面行きにて「水生植物園入口」下車、徒歩5分
  *5月~7月はJR成田線佐原駅からあやめパークまで便利なシャトルバスが運行しています。
■高速バスをご利用の場合
  ◎東京駅から関鉄グリーンバス「鉾田駅」行きにて「与田浦水生植物園」下車、徒歩5分
■お車をご利用の場合
  東関東自動車道 佐原香取ICから約14km。大栄ICから約16km。
□ 営業時間:あやめ祭り期間 午前8時~午後6時30分
      はす祭り期間 午前7時~午後3時
      その他の期間 午前9時~午後4時30分
□ 定休日 月曜日、12月28日~1月4日 ※イベント期間中は無休
□ 駐車場 乗用車…500台、大型バス…30台 無料

小湊鐵道里山トロッコ列車運行/上総牛久駅~養老渓谷駅(市原市)

里山の四季を肌で感じることができるトロッコ列車を運行します。

客車を引く機関車は、小湊鐵道で実際に走っていたものを再現。動力は現代の環境に対応したクリーンディーゼルエンジンを搭載しています。客車は4両、うち2両は窓を取り去り、里山の風を肌で感じることができます。また、4両ともに天井はガラス張りです。

トロッコ列車の運行区間は上総牛久駅から養老渓谷駅で、乗降可能駅は上総牛久駅、里見駅、養老渓谷駅です。乗車は定員制で、窓あり車両、窓なし車両ともに、乗車券の他に整理券(500円)を購入する必要があります。

トロッコ整理券はWebまたはお電話にてお申込み頂き、乗車当日、トロッコ列車乗車駅にてお申込み済みの旨をトロッコ係員にお申し出の上、トロッコ整理券をお買い求め下さい。

なお、運行・予約受付はホームページ等にてご案内いたします。

運行開始

3月17日(金)~ ※予定

運行区間

上総牛久駅~養老渓谷駅

停車駅

上総牛久駅、里見駅、養老渓谷駅

料金

乗車券に加えて、整理券(500円)が必要
※乗車券は乗車区間により料金が異なります。
例)上総牛久駅~養老渓谷駅=片道760円、里見駅~養老渓谷駅=片道410円

交通

JR内房線五井駅で小湊鉄道に乗り換え、上総牛久駅まで約30分
上総牛久駅・里見駅/圏央道市原鶴舞ICから車で約15分
養老渓谷駅/圏央道市原鶴舞ICから車で約30分

URL

http://www.kominato.co.jp/satoyamatorocco/index.html (トロッコ列車HP)
http://www.kominato.co.jp/(小湊鐵道HP)

予約電話

TEL0436(23)5584 小湊鐵道株式会社 里山トロッコ係