イベント: トピックス

鋸山山頂駅から望む「ダイヤモンド富士」を観に行こう! /鋸山ロープウェー〔富津市〕

8月23日(木)にダイヤモンド富士を観賞されるお客様向けに臨時便を運行します。
「ダイヤモンド富士」とは、富士山頂と夕陽が重なる現象で、太陽がダイヤモンドの様に美しく輝いて見えるためこう呼ばれています。

気象条件が揃えば、当日の18時11分頃に鋸山山頂駅から観賞することができます。

日時

8月23日(木)18:11頃   
※営業時間(9:00~17:00)を延長し、18:30の便を運行
※山麓駅発の最終便は18:00発となります。
※強風等により安全が確保できない場合、並びに雨天の
場合は運休となります。

料金

片道/大人500円、小人250円
往復/大人930円、小人450円

場所

鋸山ロープウェー山頂駅

交通

JR内房線浜金谷駅から徒歩8分

URL

http://www.mt-nokogiri.co.jp

第44回やっさいもっさい踊り大会・ 第71回木更津港まつり花火大会〔木更津市〕

「木更津港まつり」は、古くから港町として栄えた木更津に、築港など郷土の繁栄の基礎を築いた先覚者の霊を慰めるため、昭和23年にスタートし毎年8月14日、15日に開催され、市内最大の祭りとして両日とも多くの見物客が訪れます。

港まつりの初日に行われるのが「やっさいもっさい」踊りで木更津駅西口の富士見通りが、「おっさ、おっさ、おっさ」の掛け声とともに、踊り手や観覧客で埋めつくされます。

「やっさいもっさい」とは、木更津甚句の中にある囃子言葉です。掛け声の「おっさ」は、この地方の方言で「おお、そうだよ」と同調するときの相づちで「みんなお互いに理解しあおうよ」という意味です。老若男女が心を一つにして踊りを楽しみます。

また今年で71回を数える木更津港まつり花火大会は、約10,000発の花火を打ち上げる予定で、夏の夜空に描かれる芸術を求め、県内外からたくさんの見物客が集まります。

 

日時

8月14日(火) 18:00~20:30
(やっさいもっさい踊り大会) 

8月15日(水) 19:10~20:30
(港まつり花火大会)

料金

花火大会のみ有料観覧席有(2,000円)

場所

やっさいもっさい:富士見通り(木更津市富士見)
/花火大会:木更津港内港

交通

やっさいもっさい:JR内房線木更津駅西口すぐ
花火大会:JR内房線木更津駅西口から徒歩約15分

URL

http://www.city.kisarazu.lg.jp/

第24回全国大学フラメンコフェスティバルin館山2018〔館山市〕

館山の明るい太陽と海と花を活かしたフラメンコのイベント。

総勢約130人の大学生が情熱的な踊りを披露します。

《花火とフラメンコ》
 千葉県内最大規模を誇る「館山湾花火大会」では、約10,000発の花火が打ち上がります。超特大スターマインや直径250mに広がる水中花火など、真夏の夜空を彩る大輪の花火をバックに踊るフラメンコは見ごたえ十分です。

《イオンタウン館山フラメンコライブ》
市内ショッピングセンター・イオンタウン館山でのフラメンコライブ。 舞台で見るフラメンコよりもさらに身近に、迫力溢れる踊りを見ることができます。

《第24回全国大学フラメンコフェスティバルin館山2018》
全国学生フラメンコ連盟(大阪大学、神奈川大学、関西外国語大学、神田外語大学、京都外国語大学、京都産業大学、國學院大学、信州大学、清泉女子大学、多摩美術大学、東京外国語大学、フェリス女学院大学、早稲田大学:計13大学)の学生達が、華麗で情熱的なフラメンコを披露します。

 

日時

《花火とフラメンコ》 
8月8日(水)18:30~20:45(花火は19:30~)
《イオンタウン館山フラメンコライブ》 
8月9日(木)17:30~19:00
《第24回全国大学フラメンコフェスティバルin館山2018》
8月11日(土・祝)14:00~17:00(開場13:30)

場所

《花火とフラメンコ》 
八幡海岸特設ステージ(館山シーサイドホテル前)
/館山市八幡

《イオンタウン館山フラメンコライブ》 
イオンタウン館山/館山市八幡

《第24回全国大学フラメンコフェスティバルin館山2018》
千葉県南総文化ホール(大ホール)/館山市北条

交通

《花火とフラメンコ》 
JR内房線館山駅から徒歩5分

《イオンタウン館山フラメンコライブ》 
JR内房線館山駅から徒歩15分

《第24回全国大学フラメンコフェスティバルin館山2018》
JR内房線館山駅から徒歩20分

八重垣神社祇園祭〔匝瑳市〕

毎年8月4日・5日に行われる八重垣神社祇園祭は、八重垣神社を中心に10町内から合わせて20基ほどの神輿が繰り出されます。

笛・太鼓の軽快なお囃子に合わせ、担がれる神輿は独特のスタイルです。「あんりゃぁどした」という威勢の良い掛け声で練り歩く姿は、見ている者も心踊ります。

祇園祭は神輿の行列に冷水を浴びせかけるのも特徴です。大型トラックに満杯に貯めた水をまるでどしゃ降りのようにまく場所もあり、見ごたえがあります。

この祇園祭では、女人禁制の旧例が緩和されて「女神輿」が繰り出されるようになりました。全国でも極めて珍しい女性だけが担ぐ神輿として注目を集めています。

4日(土)の夕方から威勢の良い女性達により、男達に負けじと各町内から10基の神輿が渡御されます。 ハイライトは神輿連合渡御です。

5日(日)の午前に八日市場小学校に10町内から集まった20基ほどの神輿と囃子連は、延々と連なって市街を練り歩きます。夕刻になり、八重垣神社に次々と入る頃には活気が最高潮に達し、担ぎ手達の力の入った渡御が見られます。

 

日時

8月4日(土)7:20~22:00
8月5日(日)10:10~22:00

場所

八重垣神社/匝瑳市八日市場イ2939

交通

JR総武本線八日市場駅から徒歩5分

 

第43回千葉の親子三代夏祭り〔千葉市〕

「こどもたちに夢を ふるさとづくり」をテーマに実施しており、真夏の風物詩として広く市民に定着している一大イベントです。

 中央公園を中心に、パレードや威勢の良いみこし・山車の渡御(とぎょ)、よさこい鳴子踊りなど多種多様なイベントが行われます。

中でも太鼓のリズムに合わせて二千人規模で街を踊り歩く「親子三代千葉おどり」は必見で、当日の飛び入り参加も可能です。 また、千葉(ちば)常(つね)胤(たね)生誕900年を記念し、子ども武者行列の規模を拡大して実施します。

 

日時

8月18日(土) 前夜祭 11:00~20:00
8月19日(日) 本祭り 13:00~20:15 

場所

千葉中央公園及び周辺街路
/千葉市中央区中央

交通

JR千葉駅から徒歩7分
又は千葉都市モノレール葭川公園駅から徒歩3分

URL

http://www.bikai.org/

第64回茂原七夕まつり

毎年80万人以上の観客が訪れる、千葉の夏の一大イベントです。

第64回目を迎える本年は「LOVE ~つむぎあい 織りなす愛~」をテーマに、「もばら阿波おどり」や「YOSAKOI夏の陣」など活気溢れるイベントと、色とりどりの華やかな七夕飾りが来場者をお迎えします。

また、茂原市役所脇を流れる豊田川(愛称:天の川)では、夜になると約2,000本のキャンドルが灯され、幻想的な雰囲気に包まれます。

昼も夜も楽しめる「茂原七夕まつり」は、7月27日(金)から29日(日)までの3日間、JR茂原駅周辺の商店街を中心に開催されます。

日時

7月27日(金)~29日(日) 
金・土曜日/10:00~21:00、日曜日/10:00~20:00

場所

JR茂原駅周辺商店街/茂原市高師

交通

JR外房線茂原駅からすぐ 圏央道茂原長南ICから20分

URL

http://www.mobara-tanabata.com/

 

夏休み工場見学会2018

JFEスチール株式会社東日本製鉄所(千葉地区)<千葉市中央区川崎町1番地>では、下記概要にて工場見学会を開催いたします。
当見学会では、鉄の製造プロセスの一端をご覧いただきたいと思います。
普段見ることのできない大迫力の製鉄所を、皆様の目や耳・肌で体感してください。
皆さまのご来場を心よりお待ち申し上げます。

 

日時

7/30(月)PM・31(火)AM、8/6(月)~8(水)、10(金)、21(火)
※各日とも10:00~12:00 予定、13:15~15:15 予定 
※雨天決行
※AMは午前のみ開催、PMは午後のみ開催

場所

JFEスチール㈱東日本製鉄所(千葉地区) 見学センター 
千葉市中央区川崎町1番地

交通

JR蘇我駅西口から徒歩10分

URL

-

集合場所:  東日本製鉄所(千葉地区)内 見学センター (JR蘇我駅西口から徒歩10分)
対  象: 原則小学生以上(小学生は保護者同伴でお願いいたします)
※工場ではビル3階分程度の階段の上り下りがあります。また、熱間圧延工場見学 の際は、通路を約600m歩くことになります。
募集人員:  40人/回×AM・PM (先着順・各日とも定員に達し次第締め切ります)
見学施設: 熱間圧延コース:溶鉱炉(車窓)、熱間圧延工場(下車見学) ※当日の操業の状況により、見学いただく工場が変更になる場合があります。
申込方法: 東日本製鉄所(千葉地区)見学センター(043-262-2205)まで ご見学希望日と人数を電話でお申込ください。
※受付8:30~17:00平日のみ
そ の 他:1.夏休み工場見学会では、小学生向けのご案内をさせていただきます。 大人の方のみの参加も可能ですが、ご了承の上、お申込みください。 2.安全のため、ハイヒール、サンダル等でのご来場はご遠慮ください。 3.駐車場はございませんので、お車でのご来場はご遠慮ください。 4.工場内での撮影はご遠慮ください。

小湊鐵道里山トロッコ列車運行/上総牛久駅~養老渓谷駅(市原市)

里山の四季を肌で感じることができるトロッコ列車を運行します。

客車を引く機関車は、小湊鐵道で実際に走っていたものを再現。動力は現代の環境に対応したクリーンディーゼルエンジンを搭載しています。客車は4両、うち2両は窓を取り去り、里山の風を肌で感じることができます。また、4両ともに天井はガラス張りです。

トロッコ列車の運行区間は上総牛久駅から養老渓谷駅で、乗降可能駅は上総牛久駅、里見駅、養老渓谷駅です。乗車は定員制で、窓あり車両、窓なし車両ともに、乗車券の他に整理券を購入する必要があります。

トロッコ整理券はWebまたはお電話にてお申込み頂き、乗車当日、トロッコ列車乗車駅にてお申込み済みの旨をトロッコ係員にお申し出の上、トロッコ整理券をお買い求め下さい。

なお、運行・予約受付はホームページ等にてご案内いたします。

期間

3月17日(土)~

運行区間

上総牛久駅~養老渓谷駅

停車駅

上総牛久駅、里見駅、養老渓谷駅

料金

乗車券に加えて、整理券が必要。(500円、大人/小人同額、幼児は座席使用時に必要)
※乗車券は乗車区間により料金が異なります。
例)上総牛久駅~養老渓谷駅=片道760円、里見駅~養老渓谷駅=片道410円

交通

JR内房線五井駅で小湊鐡道に乗り換え、上総牛久駅まで約30分
上総牛久駅・里見駅/圏央道市原鶴舞ICから車で約15分
養老渓谷駅/圏央道市原鶴舞ICから車で約30分

URL

http://www.kominato.co.jp/satoyamatorocco/index.html (トロッコ列車HP)
http://www.kominato.co.jp/ (小湊鐵道HP)

予約電話

TEL0436(23)5584 小湊鐵道株式会社 里山トロッコ係