イベント: 過去記事

蟇目神事(ひきめしんじ)

蟇目神事は、五穀豊穣や無病息災を祈願するオビシャの1つとして古くから執り行われてきました。

近年、当時の様子が描かれた古い絵図が発見され、平成10年に約150年ぶりに神事が復活しました。

当日は、宮司が妖魔を描いた的幕に向かって鏑矢を放ち、続けて大的に「天(あま)の羽羽(はは)矢(や)」を放ちます。この後、一般参加者が矢を射ます。なお、一般の射手は、年男・年女・厄年の人に限定され、事前の申込みが必要となります。

日 時

2月7日(火)14:00~

会 場

櫻木神社/野田市桜台210

交 通

東武野田線(東武アーバンパークライン)野田市駅下車 徒歩10分

和良比はだか祭り

毎年2月25日、皇産霊(みむすび)神社で行われる別名「どろんこ祭り」は、11:00から神事を行い、13:00からは、一般見学することができます。「裸衆お祓い」「子ども参り」「泥投げ」「騎馬戦」と続き、名称の通り泥だらけのお祭りです。中入り後、14:00から再び「泥投げ」「騎馬戦」が始まります。参加しているふんどし姿の男衆が泥まみれになるだけでなく、観衆にも泥が飛んできますので要注意です。

 また、この日に備えて着飾った満1歳未満の赤ちゃんをだっこして、額に神田の泥を塗ってもらうと厄除けになるといわれています。

日時

2月25日(土)13:00~15:00

会場

皇産霊神社(祭礼)/四街道市和良比692   

和良比ケ丘公園(泥投げ、騎馬戦)/四街道市和良比192-23(皇産霊神社すぐ横)

交通

JR四街道駅下車南口徒歩15分

実籾八幡稲荷神社 初午祭

神社境内模擬店にて、縁起物、樽酒、甘酒、わたあめ、すいとん等の出店があります。

神社脇公園でフリーマーケットも開催します。

日 時

2月11日(土・祝)11:00~15:00

会 場

実籾八幡稲荷神社/習志野市東習志野2-6

交 通

京成実籾駅から徒歩約10分

大仏追善供養

船橋の海は、江戸時代初期から中期にかけて幕府に魚介を献上する「御菜(おさいの)浦(うら)」とされた好漁場でした。元禄16年(1703)、大地震による海底地形の変化のため、幕府へ献上することは中止されましたが、その後、この漁場をめぐり近隣の漁師たちとの争いが多くありました。「大仏追善供養」は、文政7年(1824)にこの漁場争いにより入牢させられ、後に死亡した2名の漁師総代と延享3年(1746)の津波により死亡した人々を供養するために、文政8年(1825)から毎年同じ日に行われています。供養が行われるのは本町3丁目の不動院にある石造(せきぞう)釈迦(しゃか)如来(にょらい)坐像(ざぞう)で、先の津波によって溺死した漁師ならびに住民の供養のために建立されたものです。

供養の日には、大仏(石造釈迦如来坐像)の顔や肩などに白米の飯を盛り上げるようにつけます。これは、牢内で食が乏しかったのを償うためと伝えられています。

日時

2月28日(火)10:00~

会場

不動院/船橋市本町3-4-6

交通

JR総武線船橋駅または京成電鉄京成船橋駅下車徒歩約10分

湯の花祭り/白幡天神社(市川市)

春を呼ぶ祭りと言われる「湯の花祭り」は、大釜にぐらぐらと煮えたぎらせた熱湯を、熊笹の大束でもって参詣者に振りかけ、一年間の無病息災を願う伝統行事です。

神事の後、熊笹は参詣者によって持ち帰られ、一年間大切に祀られます。そして、翌年の「湯の花祭り」の折に、大釜の湯を沸かす火にくべられます。

また、地元の婦人たちが、昔ながらの素朴な味わいのする里芋の田楽や甘酒を参詣者に振舞います。

折りしも、境内の紅梅・白梅の蕾も開き始めるころ、例年多くの参詣者で大変な賑わいを見せます。

日時

2月20日(月)13:00~

会場

白幡天神社(しらはたてんじんじゃ)/市川市菅野1-15-2

交通

JR総武線本八幡駅から徒歩約12分または京成本線八幡駅から徒歩約8分

大荒行成満会/中山法華経寺(市川市)

前年11月1日に大荒行堂「常修殿」に入って以来100日間、一日7回の水ごりと「止暇断眠(しかだんみん)・読経三昧」の苦修練行に耐え抜いた僧侶だけが迎える「大荒行成満会」。

早朝6時に「常修殿」を出て来ると、檀家、家族、友人など多くの人々が出迎えます。髪・ひげは伸び放題、頬はこけ、目は落ちくぼんでいますがその眼光は鋭く、同時に清々しさをたたえています。全国から参集した修行僧たちはこの日から一層の敬意の念を持って人々に迎えられるのです

日時

2月10日(金)6:00~ 

会場

中山法華経寺/市川市中山2-10-1

交通

JR総武線下総中山駅下車徒歩約10分又は京成本線中山駅下車徒歩約5分

初卯祭(湯花神事)/葛飾八幡宮(市川市)

二月の立春(今年は2月4日)をすぎた最初の「卯」の日は、八幡様ご誕生の日で宮司舞と湯花神事が行われます。宮司がとりもつ熊笹で湯を掛けて貰うと、一年間無病息災で過ごすことができ、四方に立てられた斎竹の葉を家に持ち帰ってお祀りすると悪霊を防いでくれるといわれています。

日時

2月9日(木)13:00~

会場

葛飾八幡宮/市川市八幡4-2-1

交通

JR総武線本八幡駅下車徒歩約8分又は京成本線八幡駅下車徒歩約5分

そでがうらスタンプラリー

・スタンプラリー参加店を利用して2~3個のスタンプを集め応募すると、抽選で50名の方にギフト券、特産推奨品、観光協会おすすめ品、市内観光施設優待券のいずれかが当たります。

 ※ギフト券は、スタンプを3個集めた方のみ

・期間中、何度も使えるお得な優待クーポン付

期間

2月1日(水)~5月31日(水)

春フェス2017

春のマザー牧場は、350万本の黄色い「菜の花」、生まれたての可愛い「赤ちゃん羊」、みんな大好き「いちご狩り」!など「見て・ふれて・味わう」楽しみがいっぱい♪

「親子羊のはじめての放牧」や「ひつじの大行進~愛の羊文字編~」など動物たちが活躍するイベントも盛りだくさん!マザー牧場で春を満喫しましょう!

日時

2月4日(土)~5月28日(日)

営業時間 平日9:30~16:30 土日祝9:00~17:00

※開催期間・時間はイベントにより異なる。詳細はお問い合わせいただくか、またはHPをご確認ください。

場所

マザー牧場

料金

入場料:大人(中学生以上)1,500円 小人(4歳~小学生)800円 

交通アクセス

館山自動車道 木更津南ICより約15km

URL

http://www.motherfarm.co.jp

ファーマーズフェスタ2017 道の駅 和田浦WA・O!

南房総市の農業関係者が結集した「南総シード」の主催による「南総ファーマーズフェスタ2017」が開催されます。

大型の花のディスプレイの展示・バター作り体験等の酪農イベント・農産物等の直売など楽しいイベントが盛りだくさんです。

日時

2月10日(金)~12日(日) 9:00~17:00

会場

道の駅 和田浦WA・O!/南房総市和田町仁我浦243

交通

JR内房線「和田浦駅」から徒歩約5分